Chopardショパンのブランドの大使の王源のカンヌの映画の旅

フランス現地の時間の2018年5月14日、Chopardショパンのブランドの大使の王源はカンヌに来を招かれて、彼の映画の旅を開きます。その夜、“Chopardショパンが最も潜在能力の役者賞を備える”(Trophée Chopard)はMarinezホテルで公布して、この賞はChopardで総裁兼芸術の総監督のキャロライン・捨費爾(Caroline Scheufele)のを共同しておりるのを推進するので、2001年に創立して、毎年表彰して深く潜在力の男女の役者を備えて、国際映画業のが伝承するのに関心を持って、同時に表現して1998年からカンヌ映画祭の政府のパートナーChopardショパンの映画に対する無限な情熱を担当します。

王はその夜ためこの授賞式に出席して、若い力として美しく輝くカンヌのために1束のきらきら光る星明かりを加えます。手首の間の青い時計の文字盤L.U.CXPS腕時計は深い夜空のようだ神秘の魅力を満たして、真珠の輝きの明滅する銀色のスーツによく合って、配って詩情の人を魅惑する風格を満たします。

当日、王源がまた(まだ)対話したヘビー級の大先輩のカンヌの影後に黛安・克魯格(DianeKruger)。青黒色は得てそして2003年に“Chopardショパン最も潜在能力の役者賞”が今年のこの賞のの“教えるのが雌だ”を担当しのでことがありをつけます。2人は映画のが共に心から愛するのに対して頼って、一回の中西方の映画の文化の深い交流を行って、映画業界の人の角度で芸術を探求して及び伝承します。同時に青黒色はつけてまた(まだ)王源の映画の道に対して明瞭な激励を与えて、こちらは未来星が引き続き享受してパフォーマンスを出演して堅持することができるのを望みます。