“人為的に制限する”は最も見下げる商業の規則に

分からない市場のどう変わるか見通しがつきません変えたスイスの表を作成する業やはり(それとも)商業化のゲームのルール変えたスイスの表を作成する業、今年もっと多い腕時計の大きい人すべて1“消費者に消費できさせる贅沢品をする”で解読するブランド位置を測定する。しかし誰(で)もすべて消費したのがそれが起きるのがまだ贅沢品ですか?“最も良いのがいつも有限だ”のこの話は絶対に真理で、もしも最も良い無限な複製に、それではすぐ浮き雲になった。

制限するのは絶対的な誘惑で、贅沢品は、制限して普通階級の前の敷居でさえぎりを代表していて、つける者のある種類の特権、地位を代表していて、制限するのは人々の パテックフィリップコピー潜在意識の中で敏感なのがを独占するので、今のところ制限するこの語だんだんびくびくする化に、今の腕時計のブランドはすべて制限するのを笑わせどころにして、と言え商業の掟、あなたは“制限する”は人の“制限する”がおのずとないで、“人為的に制限する”のおなじな“作る”盛んだ刺し縫いする海。

スイス時計連合会の2013年初めて発表するデータによって:スイスの時計が輸出して30ヶ月で初めてマイナス成長が現れに来て、中国市場は一連のマイナス面の原因の影響のため、2012年の下半期の輸入と売上高同時期と比べて共に下がりが現れて、甚だしきに至っては初めての年度のゼロ成長を迎えます。このようなデータがあったけれども、しかし各ブランドの大きい人達を取材していて、みんなはすべて中国市場についてとても楽観的だと表して、本当ににせやはり(それとも)市場が言った通りにするのです。バーゼルに向かう列車の上で、いくつ(か)のドバイからの販売店は中国もすべて“散瞳の数百倍”のが言いに言及しました:“そこの人はとても金があって、そこの市場はとても潜在力があります!”しかし彼らは今のところ中国でトップクラスをつけてモデルを表して“とても事”のではないをの知りません。