わざわざ故宮の時計館の行為の見学する重点を選んで、数件の特別な秘蔵品を見ま

故宮を見学して、わざわざ故宮の時計館の行為の見学する重点を選んで、数件の特別な秘蔵品を見ました。

1:銅は金めっきします字を書く人の時計

この置き時計が最も目のを引きつけるのが、中間のは筆のヨーロッパの勢力のある人を手で持ちます。現場の案内人は私のために紹介して言います:字を書いている前に、先に彼に筆を良い墨汁につけるように手伝わなければならなくて、スイッチを開けて、彼はきちんとして溶けるに8つの大きな字“八方を書きができて、9は田舎くさく王に来ます”。

案内人はまた引き続いて補充します:“この字を書く人の時計、その時に乾隆帝の好感を深く受けられます!そのためにそれから乾隆が皇帝の父に退いている時、また(まだ)それを自分の養生の宮殿に運んで、それによっていつでも鑑賞して愛玩します。”

2:銅の金めっきはエナメルの鳥の音の瓶式の小さい置き時計をはめ込みます

この置き時計の値打ちがあり細い品物のはそのエナメルの技術です。充電器の四方は銅で金めっきしてエナメルの絵をベーキングで、テーマは中国人の好きな庭園の景観です。その他の部位は青いエナメルで、描いて異なる形態の花柄があって、時計の文字盤の口は閉じ込めて真珠をはめ込みます。

3:銅の金めっきは使って鳴いたことがあって枝のスズメから時計を覆いを回転します

1基のきわめて貴重な金めっきの黄銅のエナメルの鳥かごの置き時計、鳥かごの内に1対が鳴きが鳥あって、それらは鳴いて時計を刻みと時間を申し込みます。当日に現場ができなくて時計の鳥を覆って鳴いて時間を知らせるのを耳にしたけれども、しかし案内人を耳にしてこの置き時計の由来に対して紹介します:

以前、235年前にで、対外貿易が開きに従って、このかごの時計は貴重な品として、乾隆に献上させられます。ずっと非常に西洋の珍宝の乾隆帝を偏愛して、とても喜んで、そしてこの西洋の職人のブランドのために名前をつけて次のようになります――ジャークの独ルーマニア。

“上品だ”と“ドイツ”はすべて乾隆の特に好きな字で、“ルーマニア”は皇室からの御は“新しい眠りのルーマニアが好きだ”といいます。

ジャークの独ルーマニア、そのため中国結びの下で西方の初紫禁城表門を押し開ける時計のブランド、とけない縁になりましたと。

ジャークの独ルーマニア最も人となりの熟知したアラビア数字の“8”の記号マーク、その創作のインスピレーションと初志は“8”のすばらしい意味のあこがれについて正に中国人から源を発するで、1785年に、ジャークの独ルーマニアは大きい秒針(GrandeSeconde)を設計しました。

大きい秒針のトーラスは時と分針のトーラスは黄金の割合で分割して交差して、独特な“8”の記号を現して、これは美感の設計に富を極めてずっと今なおそのまま用いて、ブランドのクラシックになります。