ブランドの創立175周年のパテック・フィリップが全く新しい伝統の手工芸に腕時計を飾るように出しを紀念します

ブランドの創立175周年がおよび伝統と手製で技術の深い源を飾りためを紀念する、PatekPhilippe(パテック・フィリップ)は特に採用これらの精巧で美しい手作業の技巧の心をこめて製造する20モデルの稀少な技術の腕時計を出して、および20モデルの丸天井の置き時計はおよび支柱の懐中時計に付いています。

1930年振りかえって、Stern一族が正式にパテック・フィリップを引き継いで担当した後に、依然として謹んで創始者PatekとPhilippeの後世まで代々伝わる営業の方針を守って、今日スイスが壇を表す“ジュネーブの七種の伝統の表を作成する技術”(The Seven Crafts of Geneva)の表を作成する伝統を統合すると語りました。Patek Philippeはデザイナー、時計師、金の職人、時計の鎖の職人、彫刻家、磁器の絵師と宝の石工の伝統の技術の伝統を結び付けるのを堅持して、もと工場内で全部の表を作成する過程を完成することができます。この点はもちろんパテック・フィリップにこれらの技能を有効に使わせを堅持して、精確で入念な時計を製造して、後世に広く伝わって、そして今日のパテック・フィリップの誇りジュネーブのただ伝わるだけの一族の表を作成する企業、全世界になって唯一依然として全く採取して手製で時計のメーカーを精製します。しかし、1930年代の経済の世界大恐慌の時期、および1950年代以降に派手な腕時計は下がるあの1時期を販売して、同じくパテック・フィリップを極めて大きい経済の圧力に直面させます。

幸い、時勢はどのように困難で苦しいのにも関わらず、パテック・フィリップはずっと高い専門の手作業の技巧を重視して、所属の各類のトップクラスが貴重な時計算する表す殻、時計は精錬してと時計の文字盤の上で広範にこれらの巧みで完璧な技術を使用して、彫刻、彫刻装飾の紋様、エナメル(針金をつけるエナメルの、内でエナメル、超縮小化の彩色上絵、透明なエナメル、サイドオープンのエナメルを埋める)を含む、細い木が象眼する、真珠や宝石の技術、サイドオープンが技巧に関連しているのと、一度も変えてません。

ブランドの創立175周年の製造したRare Handcrafts伝統の手工芸が腕時計を飾りためを紀念する、を含みますRef.982と992懐中時計、Ref.5089腕時計とRef.5131メンズファッションとRef.7131世界の標準時区の腕時計、更に特にブランドの発祥地のジュネーブ都市の景観と地面水平標識の建物、市民と港などをこれらの作品の装飾の図案のためします。