ランゲ1815と音楽産業の発明

ランゲの1815時計シリーズは、同じ年にドレスデンで生まれたザクセンの精密時計産業の創設者であるフェルディナンドアドルフランゲを連想させます。彼の正確な懐中時計は、今日の先駆的な精神を反映しています。 1815年にデビューしたメトロノームは、それらの発明の1つでした。これは間違いなくベートーベンにとっての喜びです。そして、この「ミュージシャンの時計」は、彼の素晴らしい作曲に感動的なリズムを加えます。

ヨハン・ネポムク・メルツェルは、ほぼ200年間メトロノームを発明しました。 1815年、フェルディナンド・アドルフ・ランゲが生まれた年でもあるメッツァーは、知的財産法に基づいて彼の声のタイミングとビートツールの特許を申請しました。このデバイスは、バネ駆動のバネで駆動され、直立振子が常に揺れ動きます。振り子には、調整および上下にスライドできる振り子のブルガリコピー重量が装備されており、スケールはスイング周波数の設定に役立ちます。過去には、作曲家はリズムを設定するために直感に頼らなければなりませんでしたが、今ではメトロノームの助けを借りてアレグロ、アレグロ、またはアルペジオを正確に繰り返すことができます。

ベートーヴェンは楽譜にメトロノーム記号を使用した最初の作曲家の1人であり、メッツァーの発明を公的に支持しました。彼にとって、メトロノームは適切なタイミングで来ました。 1815年に、彼は第9交響曲の執筆を始めました。この壮大な傑作の有名なムーブメント「Ode to Joy」は、将来シンフォニーのモデルになるでしょう。この歌は1824年の初演後にfi烈な称賛を受け、大部分はメトロノームに名誉を与えたと考えています。出版社への手紙の中で、ベートーベンはこの「音楽家の時計」に重点を置いていることを明らかにしました。彼は、自分のメトロノームが「機能が不十分」であり、「時計メーカーが定期的なリズムをリセットする必要がある」と述べた。この偉大な作曲家は、完璧の精神を常に守ります。それは、ランゲの時計職人とまったく同じです。指定されたレートが常に正確であることを保証するために、時計を正常に調整するまでgiveめません。

世界のトップ10のオーケストラの1つであるStaatskapelle Dresdenは、Christian Thielemann率いるベートーベンの作品も演奏しています。 1815 UP / DOWNおよび1815 RATTRAPANTE PERPETUAL CALENDARのプロモーション写真は、ゼンパーオペラハウスのコマンドスタンドから撮影されました。これらの2つの新しい1815シリーズの時計は、メトロノームとベートーベンの9番目の交響曲と並んでいます。今日まで、これらの創造物は、現代の厳密な精緻な精神を今でも体現しています。