G-SHOCKとファッションのブランドkolor初めては協力で連名でGMW-B5000KLを表しを出します

G-SHOCKが満35周年創立するのためを祝う、カシオは特に日本のファッションのブランドkolor初めてと協力で連名でGMW-B5000KLを表しを出します。kolorは2004年に創立して、創立した後にすぐさま人気があって、急速にヨーロッパのファッションの舞台に跳び込みます。

今回協力で広く好評のGMW-B5000を受けるのを設計の基礎にして、外観は黒色、金色を色を合わせる主軸にして、殻を表して、小屋と内部の構造を表して全てステンレスのから製造して、そして採用して新しく構造に衝撃するのに耐えて、ステンレスで殻を表してと間を閉じ込めて小さくて精巧なの丈夫な樹脂の部品を使ってしかも外来の衝撃力を吸収するのを表します。

全く新しい腕時計のバンドによく合って所の3裂構造を連結して連結するのと設計を管理して、全体の丈夫な程度を高めます。ステンレスは殻を表して金色IPイオンの処理を利用して完成して、輪を表してとボタンを表して同様に金色のステンレスで製造して、腕時計のバンドは小さくて精巧で丈夫な黒色の樹脂を使って、kolorに合って異なる材質の結び付ける設計の特色を得意として、その上黒色は液晶のスクリーンに反転して表示して、黒金に色を合わせて強烈な対比を形成させます。

背を表して第一モデルのG-SHOCKとと同じねじ込み式の辺鄙なふた設計を使って、きわめて良い防水の規格を提供して、背を表してDLC類を通って炭素の上塗りをあけて処理した後にその金属光沢を増加して思ってと臼を抵抗する、そして35 anniversary by kolorを印刷してLOGOを紀念するのを刻んで、時計の文字盤はおよび、差し引いて全てkolor字形を印刷してありを表して、組み合わせ同様に黒金のために色を合わせる連名で特殊な包装。