ブレゲの歴史の上で比較的混乱する30年を管理します

尚美とInvestcorp

1970年石英の危機の衝撃下で、ブラウン一族は企業の株権をどうしてもパリの宝石商の尚美(Chaumet)に売らなければなりません。17年後に、尚美一族は破産して、ブレゲの株主はまたなって海湾の石油の富国バーレーンの投資グループInvestcorpで源を発します。この投資グループは1991年の時また(まだ)Lemaniaに投資して、Valderなどのチップ製造工場、それによってブレゲの制表グループを構成しました。

これは30年にブレゲの歴史の上で比較的混乱する30年を管理するのです。腕時計の業界は“自分で作るチップ”の発展変化をあがめ尊ぶに始まって、この時のブレゲ依然としての外で買うジャガー・ルクルト、FredericPiguet、Lemaniaなどチップは主なで、しかも尚美とInvestcorpが表を作成する業にとってすべて“素人の指導(者)が精通する”ため、そのため製造技術の安定性などの方面で消費者のを得ていないで全く認可します。

ブレゲの3130との下で図のパテック・フィリップの5054はすべて前世紀90年代のメインに(現在のところが皆すでに生産を停止した)を表すので、二者は機能(月相、カレンダー、が動いて蓄える)と造型の上できわめて似ています。しかしチップで使って、ブレゲはFredericPiguetのチップFP71を使って、パテック・フィリップは基本的に自分で作る240PSを使います。同時に価格で位置を測定して、ブレゲの3130は3.2万ドル売って、パテック・フィリップの5054はただ1.9万ドルだけが必要です。
結論的に、1970―1999の30年、ブレゲがパテック・フィリップにはるかに正に後ろでの30年を振られるです。1999年まで、ブレゲの年販売量はまた(まだ)6000だけあります。その中の製品設計は市場の策略の上のミスととても大きい効果を果たすことができたと言うことができます。