二つのオメガは鑑定されました。偽物です。

最近、張国強は電話で「毎日経済新聞」の記者にこの古いことを詳しく話しました。
当時東北に住んでいた張国強は1998年6月に遼寧省営口市百貨店でスイスの腕時計を買いました。このデパートは当時の営口市最大の国営デパートです。しかし、この腕時計は当時の権威ある検査機関の国内貿易部国家時計メガネ商品品質監督検査センターによって鑑定されました。
このため、張国強は百貨店を見つけて協議し、返品を要求し、中国消費者権益保護法の規定に従って、賠償金を払い戻す。しかし、相手はこの要求を拒否しました。旅費と検査料をあげたいだけです。
その後、工商局の苦情を訴えた後、張国強は営口百貨店を法廷に訴えました。しかし、いくつかの訴訟を経て、張国強は負けて訴えました。
張国強は記者に営口市中級人民法院の民事判決書を提供しました。この判決書によると、営口百貨店は対表を買う時にすでに対表が国内で組み立てられていることを知っています。また、デパートのカウンターのIWCスーパーコピー商品ラベルも組立表であることを示しています。
裁判所も調査の後で指摘しています。輸入元のオメガの男性は最低で1.22万元、女性は最低でも8400元で、国内統一価格です。そして販売モデルも違っています。各表が売れたら戸籍があります。裁判所はこれに基づいて張国強の訴訟請求を却下した。張国は強く従わないで、引き続き上訴します。しかし、営口市中級人民法院は張国強が時計を買って事実が成立したと主張していますが、彼は購入前に詳しい問い合わせを行いました。だから「真表」ではないとして起訴するのは事実と法的根拠がない。
張国強は、この表を「組立」と表示していないと不満を示しています。その後、張国強はしきりに権利を擁護し始めた。
権力への執着は「偽消費者」と疑われている。
しかし、これは張国の強い希望を実現させることができませんでした。その後、張国強はウェブサイトや掲示板を通じて応援を求め始め、その間に海口に移り住んだ。
記者はネット上でその発表されたクレームシートを見つけました。彼は1998年に吉林省長春でフランスのルイヴィトン(LV)のバッグを10個買いました。
この10つのカバンはそれぞれ4つの男性用カバン、女性用カバン2つ、財布4つで、合計は19860元です。張国強によると、この10個のカバンはルイ・ヴィトン北京の専門店を通じて確認したところ、全部偽物と認定されました。彼は当時のフランスのルイ・ヴィトンのバッグは国内では北京、大連、上海、広州の五つ星ホテル内の専門店だけが売られていました。長春市の百貨店は販売資格がありません。商人は返品に同意しましたが、張国強は賠償を要求しました。これは最終的に裁判所の承認を得られませんでした。
長年にわたって、フォーラムや掲示板から、ツイッターに投稿されてきた張国強は、この二つの古いことに対して、権利擁護の支援を求め続けています。しかし、応援を受けると同時に、張国強から10個のLVカバンを買う人も少なくないです。偽物のカバンを買うのは意図的だと思います。
十数年ぶりということですが、張国強の観察によると、今でも国内ではニセ腕時計の販売が多く、消費者の権利維持も難しいということです。