中古時計のコレクションは簡単ではない

スイス・フランの為替レートが高くなるにつれて、スイスの時計の価格も高くなり、ますます中古の時計に注目が集まってきました。少なくともこの種類の時計の価格はスペクトルから外れていません。しかし、最近は小さな競売業者のために鑑定と評価をするように誘われました。中古の時計と骨董品の表主が普遍的に売り惜しみをしていることに気づきました。そして、売り手の価格設定も相場によって一番高くなり、安いものスーパーコピー時計を探したいです。
本来、中古の時計は各種のバブルを半分以上押し出していますが、経済的には一番お得です。しかし、今は多くの中古時計市場に進出しているバイヤーがこの時計を買うことができないか、新しい時計の高い価格を受け入れることができないので、安いものを求めています。そのため、多くの「as new」――使われたことのない新しいアイテムが、オークションによく登場します。これまでのいわゆる在庫品(new old store)とは正反対のものが多かったです。これらのものは最近か何年か前の人気商品です。時計屋さんで先を争っても、すぐに値段を上げて後ろに並んで待っている人に売ることができます。だから、それらの表主は買った当初から完全に利益を売るつもりで、すべての箱の証明書がそろっています。ケースバンドを巻いたプラスチック紙がそのまま存在します。でも、似たようなタイプの時計です。例えば、百達翡翠麗の5004、5110及びロレックスの鋼鉄製DAYTONA、旧型SEA-DWELLERなど、売り手の基本価格は元々の市場の小売価格の上で値上がりします。買い手はほとんど売り手が買う時に割引してほしいだけです。
本物のアンティーク時計や準骨董品時計の愛好者にとっては、高価な新品の時計に目を向けることはもちろんありませんが、手頃な価格のアンティークウォッチには落とし穴が多すぎます。大きな競売店が収めたものはよく源流がはっきりしていて、ごくわずかで、うそがあるわけではないかもしれませんが、今のところ、骨董品のために高価なものを出したくないというのが普通です。すると、ダイヤモンドは壊れています。磁器の表面が割れています。時計の殻が壊れていたり、磨耗しすぎたりして、ダイヤモンドを入れたり、金の帯を付けたりするものが混ざっています。これらの問題は全部うそではないはずですが、所蔵の角度から見れば価格が大幅に割引されています。定価で成約しても損ではないです。もっと古い懐中時計はここ数年ずっと安い値段で徘徊していますが、今は高価なゴールドの懐中時計を借りても安くていいものが見つけられません。
しかし、よく探してみると、中古の時計でも比較的新しい骨董品の時計でも、面白いものを探す機会があります。例えば、四角形に近い台形や、円形に近い多角形の価格の違いはとても大きいです。
また、直径33ミリ以下の古典的な男性用時計も特に人気がありません。たとえ限定モデルであっても、特別な複雑な機能がない限り、普通の3針の時計はせいぜい10万元ぐらいです。
しかし、純粋な歴史の味が好きな蔵家にとっては、このような小さいサイズの時計がもっと好きかもしれません。昔の年には28~33ミリは確かに男性用の時計のサイズです。20年以上前の90年代には直径40ミリを超える時計はまだ誰も見られませんでした。ただ、これらの小さいサイズの古典風の腕時計は高価なものを買って売る機会が少し多いだけでなく、本当に日常用に使うのはちょっと小さいと思います。
収蔵はまず自分の心身を楽しくさせます。他人の評価と現在の一時的な価値については、他人に牽制されて自分の個性を失わないように十分に重視できないかもしれません。