Urushi漆の芸:古い貴重な技巧に続きます

Urushiイタリアは古い伝統の漆の芸を指して、その名は「ウルシ」(Urushi)から来て、生ウルシの原料はウルシ1年一回、きわめて少量の採集の樹脂の中から抽出して来るのです。 樹脂は採集して3~5年後にまた宿題を枯らして加工するを通じて(通って)ようやく非常に丈夫な生ウルシになることができて、生ウルシのガガミラノスーパーコピー原料はきちんと準備して層の上で漆を追うことができて、しかも一層ごとにが皆きわめて細かくて薄いです。

この要求のきわめて厳格できめ細かい労働者法、ただ長年豊富な経験の先輩の大家の方精はこの方面に通じていて、精密に虹彩の細粒があって、そして漆面に立体感、光り輝く彩りを与えて、および入念に溶ける段階は変化します。

往年ののようですL.U.CXPは植えて腕時計を描いて、ショパンと日本皇室は漆器を用いて商と山田の無事な堂を作って協力して、この貴重な時計の文字盤を作ります。 日本で“世の中の国宝級”の漆の芸だと誉められて絵大家増村の紀と一郎を植えて自ら時計の文字盤を設計して、そしてショパンのから特に大家の小泉の3を描いて自分の手で制作するのを教えるのを植える招待します。