ブレゲ(Breguet)のClassiqueシリーズGrande Complication腕時計

陀はずみ車の創始者の一族の新世代の力作

陀はずみ車は1795年にスイスの時計の大家のルイ・ブレゲ先生発明したの時計のスピーダで、時計の領域の中で現在のところ最も複雑な機能の中の一つで、重力を矯正するのために時計の部品のもたらす誤差に対して。この腕時計は陀はずみ車を付設して、自動的に鎖のチップに行って人手で模様を刻んで、5日の動力が設置されていてディスプレイを備蓄して、小さい秒針は直接設置して陀で輪軸の上で飛んで、空中に垂れる糸に順番に当たってブレゲの空中に垂れる糸を装備しているのを並べるのを償って、銀をめっきするK金の表面は人手を使って模様を刻む機械彫刻して、サファイアのガラスが表すのが辺鄙で、防水機能があって、別にプラチナの金の型番を用意します。