シチズンの探し・自然の元来本当の米

万物は成長して、自然のため。からだは都市につきあって、自然の米がもかなりあります。枝葉の円を描いて舞う間の1筋の清風、明け方の日光の下の1朝は現して、小道の両側の舞い落ちる金色のイチョウの葉、あらゆることから、全て自然の米の体現です。自然の米を芸術展に変化して世間の人の目の前で現れて、もっと多い人に”を感じるのが自然で元来本当で、永久不変の米“、今回のシチズン”Driven by nature“テーマの巡回展の順次伝えたいすばらしい願望です。

腕時計で鑑別評定して一環ができて、シチズンはドイツEmil Weis Opalを招請して唯一中国のデザイナーを契約して、瑾意の真珠や宝石のデザイナーの総監督の張瑾瑜、現場は分かち合って好きでしで感動する設計のストーリを満たして、自然と美しいのが体得するについて自分を解説します。張瑾瑜は流行する米が愛ため自然なののが渡しと為替で送ると思います:“人と人の間の熱烈で誠実な愛で、人と大自然の調和がとれている付き合い、良性のインタラクティブ、発生して自然な美感から源を発します。”