モンブランの宝の日光のシリーズの外付け陀はずみ車の超薄の真珠や宝石の腕時計

現代宝の日光の女性は享受して自己の風格を求めるのを笑って、そこでモンブランは全く新しい宝の日光のシリーズの腕時計のために一心に配備して腕時計のバンド装置に交替することができて、一人一人の宝の日光の女性をいかなる道具を必要としなくならせて、押しボタンを抑えつけて思うままに腕時計のバンドを替えることができるのでさえすれ(あれ)ば。そのスーパーコピー時計中はすばらしい黒色ワニの皮バンド、きらきらと美しくて多彩な小さい牛革の腕時計のバンドなどがかなりあって選ぶことができます。腕時計のバンドに交替するのが包装(服装)を変えるように楽で、簡単に手っ取り早くて、女性にでも思いきり自分に属する流行を創造して味わわせる。

生命力と再び生むシンボルとして、蛇はかねてから代表の欲求と神秘的な力の種を行いを見られます。芸術設計中繰り返し現れる魂の蛇の図案も20世紀初めになってアールヌーボーのスポーツがおよび、芸術を飾って運動する時期取っても使っても尽きることがない霊感の源。目下、それは同様にモンブランの110周年のシリーズの創作のインスピレーションになりました:蛇からだはダイヤモンドではめ込んで、ルビーは蛇の目に飾りを添えて、精巧な外付け陀はずみ車装置は時計の文字盤の下の6時で位置を設けます。