本当の力の時にコロンブスのハリケーンに大きくて航海するように腕時計出します

2011年、本当の力の時に1枚で“重力制御”を搭載してジャイロスコープシステムの時間の等式の腕時計がGPHG“最も良くて複雑な機能の腕時計”の冠を獲得して、2013年、ブランドはこの基礎の上で再度3つがジャイロスコープシステムのコロンブスのハリケーンの大きい航海する腕時計に付いているのを出して、そして、現在のところ本当の力になる時高級で複雑な表を作成するきんでている手本。今年、ブランドは単独で敬意を表する南米政府の改革とために3モデルの紀念型腕時計を出して、そしてジャイロスコープとゴマの鎖システムを搭載して、スーパー複雑な表を作成する技術と南米の歴史の文化を互いに結合して、今年を継いでブランドが透明な時計の殻のパイロットに表すように出すからまた一大の初めての試みです。

最新の出す3モデルの時計、中米と南米の有名な将校をテーマ設計にして、それらはそれぞれSimon Bolivar です(ref. 40.2213.8805/36.C714)、Ernesto“Che”Guevara (ref. 18.2214.8805/36.C713)とEmiliano Zapata (ref. 34.2210.8805/36.C713)。

向こうへ行く数年の中で、かつての芸術の技術はトップクラスに接ぎ木をさせられて表を作成した中に絶え間ないで、その中の際立っている一つは手作業の微彫技術で、この技術はとっくにあったけれども、多くないをのそして特に本当の力の時中で、に会います。この3モデルの時計はひとそろいを構成することができて、そして専門の表す箱があって、たいへん味を収集するのがあります。

この型の腕時計は十分な芸術性と歴史の味がある以外、もちろん技術の上で絶対的なのがリードするで、内部の搭載するゴマの鎖状構造は常に初期の人の偶然に機械的な新聞の時計などでつきあいが現れて、腕時計の上でとても困難なことを実現します。ゴマの鎖はぜんまいの動力の安定な出力をことができて、たとえ動力の不足だとしてもの時、依然として回転速度を調節するを通じて(通って)いっぱいな動力の時の外部の環帯に等しいをの実現することができに来ます。、

同時に有名な“重力制御”のジャイロスコープはもちろん軽視することはできなくて、これが本当の力時最も重要な技術の中の一つ、ブランドの特許があって、現在のところの最も複雑なのがたとえ調速機システムの中の一つ、陀はずみ車が同じで1つの抵抗の重力の影響の効果を果たすことができる、ただ方法だけとと違うのでもを捕らえるのです。

この3モデルの時計の一モデルごとにの定価は皆419000ドルにあって、3モデルの集はそろって1257000ドルを要して、人民元に各種の税収を換算してくれぐれも行く、本当に金持ちのゲームに向ってを予想します。