入チュードル表女款35701 10DI VS男性の金の25500TN、各種の写真には

彼女と表を買うつもりで、もともとずっと気に入って上品で美しい正装表の、IWC /ロンジンなど。残念ながら前者は予算を超えていて、後者は比較的に衝突しやすい。地元のシートを一週、発見Tudorの価格とブランドが適切で、彼女をかけてた靑いバイモ項rose試験、私は試験をはめて56000モノクロの2項の表面。靑いバイモのビジュアル曖昧で、感じはそんなに明らかで。私は試験の2項をも感じないよう、一目惚れの帰属感。
あきらめずに家に帰る。
それから上愛表とTの公式サイトには目Pelagos 25500TN気に入りました。これまでもかぶったことこのような運動の息の表は比較的に重くて、各種の屈託がないが、ふさわしくない正装~
その結果、愛表に友人たちの作業が徹底的に毒されてきた。
再び訪れて現地のコーナーで、彼女をはめて白い貝10DI項ローズ、毒倒+いち。
香港への時計がないので、香港の友達に頼まれた。友達は女の人で、仕事は港でも忙しくて、月末まで港城に行って時計を見物することになりました。目を見てもう1週間も残っていたが,時計はまだ消えていないので,いろいろ気を配る。。
愛表坛友のヒントで、積極的に連絡香港の各表行。香港の東方表行の連絡先を集めてみましたが、会社の電話が遅れてしまいました。残念なことに、イギリス、シンガポールから電話をかけられました。東方は本当にいいですね。3、4つの返事があります。そこで電話は相手とコミュニケーションしたり、注文したり、友達が検査をしたり、支払いをしたりします。香港は今調べているようですが、友達は直接体に持って持ち帰って、税関税に登りました。時計と領収書、証明書だけを持ち帰った。今まで私のボックスはまだ香港の速達から蘇州に帰る途中です。