SAXONIA MOON PHASEは国際撮影プロジェクトの焦点になります

SAXONIA MOON PHASEは1月行うジュネーブ国際高級の時計展(SIHH)の上で初めて現在各大ランゲ販売所が発売するに、この新作に見得を切ます。この腕時計は精確な月相の表示して注目するランゲの大きいカレンダーを配備して表示します。1幅薩克森の月光で背景のために撮影した写真、適切に精密なことを引き立ちだして必ず並外れている美学との完璧な融合を設計します。今回の撮影もランゲ催す国際オンラインのイベントのために序幕を開きます。

通して天文、撮影、宇宙の三大領域を探求して、私達はおよそ月に接触するまで。人類は絶えず月を研究したけれども、その寓言の色はずっと私達を夢中になってやまなくさせる。科学は月の神秘的なベールを開いたが、しかし文学の作家、音楽家、画家、撮影家の代々来の作品はまた月のために改めて人を魅惑するベールをはおって、人をうっとりさせます。

この通りの背景の下で、撮影は2重の役を演じています:ありのままにまた芸術が演繹するのを述べて、人の心を啓発してまたあこがれを抱かせるもことができます。1865年、天文の撮影の先駆者のルイス・モーリス・拉瑟弗徳(Lewis Morris Rutherfurd)はそのマンハッタン天文台で第一枚の精密な月の映像を撮影します。40長年以降に、伝奇の撮影の芸術家のエドワード・史泰欽(Edward Steichen)は《池の畔の月光》(The Pond–Moonlight)を創作しだして、この作品は2006年に290万ドルで取引が成立して、月のためにイタリアの撮影主義の傑作を描くことができます。私達の作品もちょうど《池の畔の月光》と1名互いに照り映えます。写真の中で、SAXONIA MOON PHASEは薩克森のグラムのルーマニアと姆に置いて(Kromlau)ホトトギス園(Rhododendron Park)の拉克茨の橋(Rakotz Bridge)の前方に働きます。生後満1か月になる銀色の光のは自由自在に書いていておりて、小橋と湖面の倒影は解けて1つの完璧な円形になります。この作品も12名の時計界のネットワークの多い主なからネットワークの記者とそれぞれ12基の都市でこの腕時計で撮影のテーマ、そしてとして生後満1か月の祝いの下の橋梁で背景として参与する全世界のオンラインプロジェクト、彼らに助力します。第1回生後満1か月になる夜の撮影は薩克森で開いて、あとでの撮影の場所はコペンハーゲン、ロンドン、東京、パリ、シドニー、ニューヨーク、オスロ、アムステルダム、リスボン、リオデジャネイロ、上海、ワルシャワを含みます。

SAXONIA MOONPHASEは月相を配備して表示して、そして巧みな構造の中でみごとに精密で正確な設計と美学の元素に解け合います。この腕時計の搭載する7段階が伝動して設置するきわめて正確で、月相は122.6年ごとにやっと1日矯正しなければならないをの表示します。誠実な銀の月相皿の濃い藍色の色調は特許の上塗りで作って、そしてレーザー切断で852粒の星を出します。18K金双の枠のウィンドウズの内の大きいカレンダーに位置して表示して、月相の表示した小さい秒の皿を結び付けるのと互いに引き立ちます。