古代インドのグラムの上品な宝の詩情の複雑な機能のシリーズLady Arpels Papillon Automate腕時計

古代インドのグラムの上品な宝の詩情の複雑な機能のシリーズLady Arpels Papillon Automate腕時計、この古代インドのグラムの上品な宝の詩情の複雑な機能のシリーズの腕時計も今回のSIHHが展の上眼の玉を書き入れたのを表して行うで、40微小なもののベージュK金は殻を表して、雪片がダイヤモンドの表す小屋とラインストーンを象眼して冠を表す腕時計を輝いていさせます。水晶の鏡映面の下での時計の文字盤の上で、多種の伝統の技術の手の込んだ仕事を運用して彫り刻んで、詩の境地のチョウの世界を現します。時計の文字盤の右側の時計の針と分針がゆっくりと移動するのに従って、チョウは動力の貯蓄する更迭の増減によって、連続してチョウの翼の1~4回をたたけます。軽く殻の上で表すによって引いて現す時によって押しボタンを設置して、チョウはすぐ翼をたたいて呼応して、レプリカ時計の文字盤の上でしなやかで美しい舞う姿を上映します。腕時計は古代インドのグラムの上品な宝の独占で研究開発したのを搭載して自動的に鎖の機械のチップに行って、1枚が制限するの腕時計です。