人気があるオリスの青銅が最後まで表すのはどんな身分ですか?

オリスの青銅はデザイナーを表して大きいをの作り直していて過程で冠の腕時計のを表して、元の風味そのままののはすばらしい元素を保留して、そして近代的な表を作成する技術と審美の需要を取り入れます。鏡を表しを例にして、盛り上がる弧度は半分世紀前の復古の趣を表して、サファイアの性能と材質、また新しい触感で人にあげます。

オリスの青銅が表す中に青銅の材質の運用、更に大きいをの放出して冠の腕時計の含んだ昔を懐かしむ息を表します。時間の経過に従って、青銅のうわべは次第にオキシック層を形成して、酸化する色合いとしわ、環境の湿度とつける者の自身のpH価につきあったのと密接な関係があります。最終、1枚の青銅の腕時計はでもその持つ者とと同じに、ただ1つになります。

腕時計の36mmの青銅と殻の同様に人目を引いたのを表すのはオリスの青銅が特別な時計の文字盤を表して着色するので、この緑青の類の浅い緑色は現代建築の大家LeCorbusierの建物の色の集から来ました。浅い緑色と青銅の組み合わせ、持ちつ持たれつで更によくなりと言えます。オリスを受けてその通りにしてただ機械の腕時計の策略だけを生産して、大きく冠のポインター式のカレンダーの青銅の腕時計を表してスイスの製造したのを組み立てて自動的に鎖の機械のチップに行って、駆動してmei金の時計の針、分針、中央の秒針と独特なカレンダーのポインターをめっきします。ロレックススーパーコピー腕時計の温める質感をはっきりと示すため、デザイナーはそれのためにライトブラウンによく合って植えて皮革の腕時計のバンドをなめします。大きく冠のポインター式のカレンダーの青銅の腕時計を表して、ポインターを使って期日の更迭を記録して、青銅に時間のストーリを述べさせます。