あなたに腕時計を流行の範につけだすように教えます

こちらのおじさんのといえばのは1人の流行する“古いファッションリーダー”で、今年すでに50余りになりました。ニックおじさんはその桀の駿馬の傲慢な服装でよく合ってニューヨーク、ロンドン、ミラノとパリなどの流行の都市の街頭で往来が頻繁で、流行街のたたく達人になります。彼の現れるたくさんのショーの場外形人街がたたく中で、すべて友達が評価して彼のショーのプロテクションエリアのために最も衣服を着る”おじいさん”を語りを申し込むあります。

何度も専門的に期の彼の特集をするのを呼びかける多くのファンがあって、おじさんの大衆の基礎が非常に十分だにわかります。実はNickWoosterやっと50数歳、着飾る彼ももとても老けて見えるとは言えなくて、おそらくニックのごま塩の髪の毛は”目くらましの方法”を発揮して、みんなをだましました。私達の印象の中で50数歳の人はすでに、私達の父の世代おそらくこのような叔父の妻のでした。

しかし私達のニックおじさんは全くその他に風を描くので、あなたは“湿っているおじさん”のニックの流行で驚嘆します。おじさんの街で中をたたいて、ロレックス、チュードルとティファニーの出演率はすべて高さに相当したのです。その上、私達の湿っているおじさんのつけた腕時計も“湿っている”の感が十分であるで、あるいは“湿っているおじさん”から腕時計を異なる流行の感覚につけてきたです。たとえ若い人といっしょにいますとしても、絶対に度に負けないのもです。

その中、ニックおじさんの比較的特に可愛がったのたとえロレックスの緑の水の幽霊だとしても。“水が鬼”の指したのはいわゆるロレックスの製造したのは潜むシリーズを競います。ロレックスの潜航者カレンダー型シリーズの116610LV緑の皿の腕時計、この腕時計は大衆の多重リストに友達に迷われて“緑の水が鬼”と称します。ウブロコピー腕時計の時計の文字盤設計中で、とても少なくこんなに純粋な緑色が見えることができて、この腕時計の独特な設計はみんな驚きます。この“水が鬼”も名門出身であるで、機能は品質とすべてけちのつけようがないので、同じく道理で私達の“湿っているおじさん”はこのように特に可愛がります。

チュードルもニックおじさん街がたたく中の常連です。“潮のおじさん”のつけるこのチュードルの腕時計、チュードルの2014年出すHeritageRanger腕時計の中の1モデルです。腕時計は艶消しの鋼の材質を採用して、黒色の円形の時計の文字盤、全体の腕時計十分な金属の質感があります。腕時計の設計のおじさんの世の変転の思う10点(分)とのは似合って、質感の金属があるのも個性がある白髪と持ちつ持たれつで更によくなるです。

おじさんも1モデルのパテック・フィリップの腕時計をつけたことがあって、やはり名の表す気勢は全く異なるです。簡潔な設計ですが、腕時計はいくつか世の変転もあり見えて、しかし全く名の表す気概としてパテック・フィリップに影響することはでき(ありえ)ないです。私達の額の“湿っているおじさん”のニックも世の変転をしばしば経験するではなくて、しかし依然として活発に流行する最前線で、他の人の流行する模範になります。

おじさんは本当に湿っていて、しかしおじさんの潮は複製することができるのですとは限りません。ニックの潮と流行は彼のが異なった意見を表明し、新しいものを創造しにあって、しかしところが最も彼の自分のに適合します。私達の流行は自分の性格、気の向くままにのまねに合わなければならない絶対に。さもなくば、恐らく買い手ショーと買い手ショーの違いになりがあって、これは本当に辛い目の買い手ショーです。

そのため、腕時計がまだファッションなのにも関わらず、潮流はやはり(それとも)理念がすべて私たち自身の特徴があるなくてはならないのなのにも関わらず、盲目的なのはまねに流行を追うことはできなくてと、何なのにも関わらず、ただ自分のに適合するのが最も良いです。各位の流行する挑戦者は自分の性格、観念と消費能力の流行する元素に自分に武装しに来るように必ず適合するのが見つからなければならなくて、いつの日かを信じて、みんなはでも“湿っているおじさん”になって、甚だしきに至っては彼を越えるのです。