どう自分の腕時計に磁場とNOを言わせます

私達は閲覧して或いは腕時計を買う時、よく腕時計の一つの機能を見たのが磁気を防ぐの。しかし友達少し疑問がいくらかあります:この磁場は見えないで、つかめないで、腕時計と関係がなにかありますか?腕時計が磁気を防ぐのは本当にそんなに重要ですか?今小さく編んで厳粛に皆さんに教えます:磁場に腕時計に対してとても大きい影響があって、腕時計が磁気を防ぐのは本当にとても重要です。今日皆さんのすこし言う腕時計と磁場の間の“愛と恨みの情の仇”のため。

何は磁場ですか?

実はみんなはほぼすべて初級中学の物理を学んだことがあって、いわゆる磁場は見えないで、つかめない特殊な物質で、しかし磁場の確かな存在は私達の身の回り、甚だしきに至っては私達の体中で特有な磁場もあります。磁石はいくつか金属を引きつけることができて、2つの磁石は同性の電気は互いに反発し合って、異性の引き合い、これで磁場が発生して、磁石は磁性体です。磁性体の周囲は磁場が存在して、磁性体間の相互作用は磁場でマスコミのとして、だから2磁性体は接触して効果が発生することができる必要はありません。例えば電流の発生した磁場は導線中運動する電子所の発生する磁場で、磁場強さの部門は国際単位制の中で安(盛る)の/米(A/m)で、ガウスを使って表すことができに来ても、二者は普通は直接な換算を行うことはできません。

腕時計はどうして磁気を防ぎますか?

磁場が存在したのだと言いますが、しかし腕時計と関係がなにかありますか?解答はもちろん関係がたくさんあるのです。まず明確での、私達の言った磁気を防ぐ腕時計は腕時計の内部のすべての部品がすべて別に磁気を防いだのだと言いなくて、いわゆる磁気を防ぐのがただいくつか主要部品だけで、例えば車輪、空中に垂れる糸、ぜんまいなどを並べるのが耐磁性の材料のから製造したのです。初期時計のが構造、空中に垂れる糸を捕らえるのはとたとえ車輪などの部品を並べるのでも金属のから製造したので、これらの金属の材料は必ず磁場の影響を受けて、幸運な問題をもたらして、かつ時計の自身に対して危害を及ぼすのもとても大きいです。

以前はの腕時計の内部のがたとえ構造と空中に垂れる糸の基本を捕らえるのはすべて鋼質のだでも、このスーパーコピー時計ような材料は硬い磁気に属して、つまり磁気を帯びやすいです。問題の肝心な点は、構造部品と空中に垂れる糸を捕らえるのはたとえ車輪を並べるのでも腕時計のチップの中で磁場の最も敏感な部品に対して。腕時計のは揺るがして周期それらのから決定して、だから、腕時計がいったん磁気を受けたらの後に、幸運な精度のすぐ劣る化。腕時計が達して幸運にたいならば精密で正確で、磁気を防ぐのはやらざるを得ないで、不可欠だです。