古い伝統の技術が小さくてエナメルの芸術の世紀を描いて伝承します

400数年前、欧州人(ジュネーブが発祥地のため)はすでに時計上でエナメルの技術を運用するのを始めて、しかも小さいをの派生しだしてエナメルの技法を描きます。小さくエナメルを描くのが西方のエナメルの技術の傑出した代表で、思われて三大類のエナメル(その他に2種類が針金をつけるエナメルの、内でエナメルを埋めるのだ)の中で最も困難なのです。

小さくエナメルのこの古い伝統の技術を描いて15世紀中葉からヨーロッパベルギー、フランス、オランダ三国の境を接する仏陀の朗徳斯地区が根源を探りに来ることができます。15世紀末、フランス中西部のは中こすって位置して、その製作の内でエナメルを埋める技術を基礎にして、小さいにの発展してエナメルの要衝を描いて、初期作って宗教をテーマの器物にして、それから次第につくって装飾性の工芸品を作成します。16世紀中葉~17世紀初めまで、小さくエナメルの技法を描くのがすでにジュネーブでだんだん着いた熟していて、時計が作りに用います。

ひとつのが小さくエナメルの表面を描いてかかりを作る時苦労しているため、その上懐中時計は腕時計のがに興るため次第に行って歴史に入って、1度の栄えているのが小さくことがあってエナメルの技巧を描いて20世紀初めまで着いて、この技巧を掌握して伝承して問題が起きます。近ごろのスイスの表を作成する業の中で、小さくエナメルの腕時計のブランドを描いて指折り数えるほどわずかなことを生産することができて、これもジュネーブの表を作成する七大技術の中の一つの小さいのと誉めるにエナメルの彩色上絵の芸術を描かれていっそう矛の柄が高いにの見えるさせます。

ジャークの独ルーマニアの秘密にして発表しない伝統の古い技術の中の一つとして、近い300年の歴史を持ちます。今まで大きい見える火のエナメルの技術で名を知られている世に、21世紀に入って、ジャークの独ルーマニアは小さいのをエナメルのこの西方のエナメルの技術の代表に描いて一層光彩を放ちに力を尽くして、その創始者に創建し営ませた表を作成する伝統は既存腕時計のシリーズの中で続いて伝承します。

小さくエナメルの技術要求を描いて先に時計の底の殻の上で一層の変形抵抗のエナメルの釉を覆って、過程で底の殻を表し高温に耐えられるためベーキングで、またメタル・プレート上上数層の白い釉で、それから制作を始めます。エナメルの大家は単にきめ細かい筆触の粉飾数層のカラー面の釉で筆を使って、精巧で美しい図案を制作しだします。この時混じる色は最大の学問で、もしも混じる色が粉末冶金の将来の計画案のぼんやりしている破壊の画面が極端で、だから当局部が描写した後に先に粉末冶金を要して、また次部分を描写して、再焼結、ずっとこの動作を繰り返してようやく作品を完成することができます。最後に1本の工程は何層の無色で透明な釉、図案の立体感を強めます。時には1枚は小さくエナメルを描いて粉末冶金の数十回を繰り返さなければならなくて、もしも中間は一回(例えば亀裂ができて、混じる色の失敗など)に燃やして駄目になってでもこの作品を壊します。だから小さくエナメルを描くのが非常に貴重です。

ジャークの独ルーマニアの芸術の労働者の坊の表を作成する大家達はどのように粉末の太さを割り当てるかを十分に知っていて、どのように円熟の域を掌握して、どのように独特な光沢と筋模様がある時計の文字盤をベーキングだすことができます。だから技術の作る時計の文字盤、品質は恒久で不変で、エナメルは華美で明るくて、千百年が不変であることを維持することができて、月日が経つのは速くて依然として長い間がたつことができるますます新しいです。1枚のジャークの独ルーマニア(JaquetDroz)が小さくてエナメルの時計の文字盤を描いて手作りで制作して、製作がくどくて、かつきわめて複雑で精密な技術、顕微鏡下で約40時間を消費してやっと完成しなければならなくて、正にこの原因のためで、小さくエナメルの技術を描いて運用に少数でモデルの上でただ表すだけ、ここから独特ですばらしい全く手製で制作する時計のモデルを製造して、永久不変広く伝わります。