スウォッチグループは上半期に売上高の新高値を更新する下半期は多くて全く新しい製品を出すでしょう

2018年7月18日、スウォッチグループ(SwatchGroup)は2018上半期の財務報告を発表しました。2018年の上半期にスウォッチグループの売上高は史上新高値を作ります。現在の為替レートによって計算して、純は2018上半期のスウォッチグループ売上高は同時期と比べて14.7%増加して、42.66億瑞郎に達します。すべての地区は皆増加を得て、またアジアと米国で最も著しいです。

スウォッチは下半期に多くて全く新しい製品を出すでしょう。ブランパンBlancpainは50噚シリーズ深く潜む器の70の年代の期日および、週の腕時計を出すでしょう、およびその他の傑作、クラシックのシリーズ陀はずみ車の腕時計のようです、進歩を最新の技術の標準に着きます。

オメガはセイウチのシリーズの300メートルの専門のダイビングの腕時計を出すでしょう;このブランドは2018年に7月10日に第2モデルの“SpeedyTuesday”の腕時計を出しのでことがあります――2,012はとてもシリーズの“ウルトラマン”の腕時計を奪い取ってごく短い1時間の53分の内で売り尽くして、記録を作ります。

ロンジンは表して新作を出すでしょうV.H.P(フリーボードの精度、高精の正確な石英のチップ、万年暦機能)腕時計に付いていて、更に豊かな富康のCassのシリーズ、この腕時計はGMTを配備して急速に機能を設けるでしょう。

スイスのラドーは1本のドリルにシリーズの新作を奪い取るように出すでしょう、このCeramosという腕時計は陶磁器を採用するのをバラの金の最新の材質と組み合わせます。