ジャークの独ルーマニアが小さくてエナメルを描いて表します

小さいエナメルを描く彩色上絵の芸術はジュネーブの表を作成する七大技術の中の一つで、ジャークの独ルーマニアの秘密にして発表しない伝統の古い技術の中の一つで、近い300年の歴史を持ちます。1枚のジャークの独ルーマニア(JaquetDroz)が小さくてエナメルの時計の文字盤を描いて手作りで制作して、製作がくどくて、かつきわめて複雑で精密な技術、顕微鏡下で約40時間を消費してやっと完成しなければならなくて、正にこの原因のためで、小さくエナメルの技術を描いて運用に少数でモデルの上でただ表すだけ、それぞれはすべてただクラシックだけです。

小さくエナメルの技術要求を描いて先に時計の底の殻の上で一層の変形抵抗のエナメルの釉を覆って、過程で底の殻を表し高温に耐えられるためベーキングで、またメタル・プレート上上数層の白い釉で、それから制作を始めます。エナメルの大家は単にきめ細かい筆触の粉飾数層のカラー面の釉で筆を使って、精巧で美しい図案を制作しだします。この時混じる色は最大の学問で、もしも混じる色が粉末冶金の将来の計画案のぼんやりしている破壊の画面が極端で、だから当局部が描写した後に先に粉末冶金を要して、また次部分を描写して、再焼結、ずっとこの動作を繰り返してようやく作品を完成することができます。最後に1本の工程は何層の無色で透明な釉、図案の立体感を強めます。時には1枚は小さくエナメルを描いて粉末冶金の数十回を繰り返さなければならなくて、もしも中間は一回(例えば亀裂ができて、混じる色の失敗など)に燃やして駄目になってでもこの作品を壊します。だから小さくエナメルを描くのが非常に貴重です。