バセロン・コンスタンチンの芸術の大家は全く新しい視野を製造します

バセロン・コンスタンチンの芸術の大家の伝奇のシリーズが初めて発表した2年後にから、今年バセロン・コンスタンチンはまた4モデルの全く新しい腕時計を増やして、継続のこのシリーズは芸術を彫って各種の芸術の技術を溶け込みを彫刻して、そして日があるNevaの印の新作の作品の特色を彫り刻んで、一モデルごとに制限して20発行します。

この4モデルの腕時計が伝統の芸術を運用してと違いと文化がとけ合って集まってなって、“インドの手稿”の時に計算して採用して大きい見える火の内でエナメル手作業彫刻工芸を埋めてと、突然そのきんでている技巧を現します。“オーストリアのこのマンの建物”の時に計算して手作業面取り処理を経て、金の質の窓の格の上で埋め込みして紫色の真珠のバイモの基礎の上に半分真珠の粒、並置があります。“フランスのレース”の時に計算して半透明の機械を採用して彫りの大きい見える火のエナメルの時計の文字盤を刻んで、金の質の車台の上で有機に扮して彫りの図案を刻んで、透明なエナメルをさせて微妙な段階が思いを現して、そしてルビーとダイヤモンドを象眼しています。“中国が刺繍する”、時計の文字盤はプラチナで針金をつけて技術スケッチして、ひすいを象眼します。この時計の文字盤は真珠のバイモから彫刻してなって、扮して宝石の彫刻工芸で彫り刻んでなるピンクのオパールを切断して、そして飾りを添えて精致な金の質の葉と花蕊があります。