穆とサウスの基《波のリースに向って.郭の徳諾夫》は敬意を表します

《波のリースと郭の徳諾夫(BorisGodunov)》は1825年にプーシキン書いた芝居です。これはプーシキンがシェークスピアの類の史詩の風格の書く歴史劇に似ているので、発表された後にずっと帝政ロシアの当局に禁書だと見なされて、延期してここ40年がやっと出版に許可を得ました。1866年、ロシア当局はついにプーシキンの劇作《波のリースと郭の徳諾夫》を審査の上、許可して出版して、穆とサウスの基は自らこの劇を改作して1872年に改訂版を完成して、1874年にこの劇の通し狂言は公演しました。ストーリは15、6の世紀の境目のロシアに源を発します;恐怖のイワンが逝去する後で、ツアーの王位の伝承する争奪の内幕。しかし地味に心をこめて売り払う40mmは殻を表して、もと派手な冠の古今のエナメルの時計の文字盤の華の礼服にからだを譲ります。このつの芸術の大家の手に出る時計の文字盤、すべて手製で書き上げて、ベーキングだからこの上なく根気良いの、をしばしば経験して精神を集中して、それは屋根裏部屋の表を作成する師(Cabinotiers)の精神を跡継ぎして、再現バセロン・コンスタンチンの創始者は放縦な表を作成する技術の意図にしみこみます。殻の自身を表して付け加える「将校・士官式」が表すのが辺鄙なことがあります。このように渾然としている日のなる芸術の臻の品物によく合って、もちろん最も必ずトップクラスのマイクロマシンの技術の最高級品を採用してようやく持ちつ持たれつで更によくなることができなければなりません。この時計の採用した動力の心臓は自動的に鎖の機械式のチップCalibre2460に行くので、全くバセロン・コンスタンチンのから自分で開発して作ります。運行するのは精確で信頼できて、かつ得て代表の表を作成する頂上のジュネーブの優良品質の印(HallmarkofGeneva)を公布して、バセロン・コンスタンチンのが堅持するのを十分に説明できていて、ジュネーブをつなぎとめる表を作成する伝統がぶら下がらないでを自分の務めの比類がない決心にします。