DeWittは全く新しい日本の春の真珠や宝石の腕時計を出します

2016年、スイスの時計のブランドDeWitt(迪菲倫)はだんだん一連の真珠や宝石の腕時計を出しを、その結果魅力の女性を捧げます。第一は2モデルおしてレディースの献呈する腕時計だけのために日本の芸術の技術に向って敬意を表します。

独特で並外れている時計の文字盤は1人の日本の芸術家と協力で作ってなるのです。こちらの日本の芸の職人は5歳から便師は有名な学者の巨匠から、受けて1千年の書道、絵画芸術と日本の芸術史の訓練を伝承します。彼の技術は全世界で2なくて、貴重な顔料を中国の水墨と混合して、製作で飾ります。ダイヤモンド、プラチナの金、金、真珠、瑪瑙あるいはその他の宝石の粉末、その作品に独特な光が気絶するのをと微妙な立体感与えます。

時計の文字盤はいかなる塗料を使っていないで、粉点でただ描き出してなるだけ、そしてきわめて精密な道具を使って、少しもいい加減にしないで手製で固定します。時計の文字盤ごとに約30000~50000の粉点はようやくその精巧で美しい装飾の図案を作りだすことができなければなりません。

芸術家はパロックの音楽と現代音楽の韻律から霊感をくみ取って、1筆の1画更に美感をさせます。芸術家はブランドの創始者のに第1陣の作品を敷きを望みますか(Jérôme de Witt)先生の直系の先祖、ナポレオン皇帝の王者の風格は自由精神と敬意を表します。

シリーズの第一両の時計の文字盤は自然な生命力と満ちあふれている詩情に煥発して、華美にクラシックのシリーズのラインストーンの腕時計とDeWitt金色午後を飾ります。

金色は午後真珠や宝石の腕時計は真珠の雌の貝で花卉の時計の文字盤を埋め込みして名声を聞きをつづり合わせて、扮して精巧で美しいチョウと花柄があって、ダイヤモンド、真珠、プラチナの金、金、青の金石、瑪瑙とその他の宝石の粉末からかき集めてなります。シコンの加減する時計の文字盤はプラチナを配備して殻を表して、殻を表して円形のダイヤモンドを象眼して、亮青いワニの皮バンドによく合います。時計の針と分針は精密なワシの天使の翼の造型を採用して、秒針は小さいたいまつで扮して、しなやかでよく動く時計の文字盤と飾るのは完璧に調和がとれています。

クラシックのシリーズの真珠や宝石の腕時計は18Kバラの金を配備して殻を表して、一行のダイヤモンドを象眼して、黄色、ダイダイ色と緑色などに飾りを添えて春の息の色調を満たします。ダイヤモンド、真珠、プラチナの金、金、とらめ石、クジャク石、石英とそれの宝石の粉末の合成した顔料は花柄を美しく輝かせます。腕時計は鮮緑色ワニの皮バンドを配備します。

DeWitt全く新しいレディースの真珠や宝石の腕時計のシリーズは解け合うのは悠久のスイスの表を作成する伝統は1千年の日本の書道の芸術を伝承するのと、バランスが調和がとれているのと言えて、詩情のの精密で純粋なのを満たして行います。