しかしジャークの独ルーマニアははるかにこので自ら越える追求を実現するだけではないについて

しかしジャークの独ルーマニアははるかにこので自ら越える追求を実現するだけではないについて、もし小さく双竜戯珠を描くのが頃に小針皿が勝ってエナメルの小さい描いたのスーパーコピー時計にあったら生き生きとしていて、あのこの金は縁起が良い竜を彫って頃に小針皿が強く制作技術にありました。ブランドの心をこめて保存するきんでている手作業の技術の伝統に頼って、この装飾の芸術の逸品の傑作を創作しだします。

微彫の技術はこれまですべてジャークの独ルーマニアの秘密にして発表しない伝統の技巧で、今回のブランドは時計の文字盤設計として中国の古国の力と知恵のシンボルの図案の縁起が良い竜があって、技術の大家だけある微彫の技巧に解け合って、中国の伝統の文化に対してして新しく演繹して、称することができて1モデルの後の世まで伝わる傑作になります。黒色の真珠の雌の貝の時計の文字盤はすべて手製で彫刻して、1条の全体の金色の縁起が良い竜がまず彫り刻んで彫刻する処理を経た後にやっとまた時計の文字盤の上で象眼して、大家の彫刻刀の下で、縁起が良い竜の双眼、竜の爪、更には一面の竜の鱗はすべてきわめて1筋の精密な息の神を出して、すべての大小は余すところなくて、この腕時計を名実相伴う立体の傑作にならせて、その威厳がある表情と態度、伸び広がる姿、ちょうど海の中から浮遊して抜きんでるようだ、からだの形が丸くて更に手段の波のつやがあったのを現して跳びはねるのに動きます。

殻の設計を表すのが更に苦心が並大抵でないのと言えて、赤い金の光沢は時計の文字盤のしわの細部ごとにをすべて本分以外でまばゆくならせて、体積、材質が全く同様でつやがある影の微妙なのと織りなして、特定の厚さの表す鏡の中で最も並外れている米の態を現して、金竜の劇の水の1幕をさせてもっとまばゆいほどに美しくて、生き生きしているようになります!