ジュネーブ大学道理学院博士Albertode la Torreはのバセロン・コンスタンチンの科学的な賞を光栄にも担当します

ジュネーブ大学道理学院博士Albertode la Torreはその博士の論文で光栄にも担当します
2016年のバセロン・コンスタンチンの科学的な賞(Prix Vacheron Constantin des Sciences)

ジュネーブ大学道理学院の若い学生に学術を行って深く極めてそして科学研究の事業に身を投じるためように励ます、バセロン・コンスタンチンは1948年に奨学金を設立して、毎年それによって顕彰して天文、物理あるいは数学の領域でずば抜けている成果の学生を得ます。
今年、Alberto de la Torre博士はその博士の論文《分層のイリジウム酸化物のスペクトルが研究する》とで“角を利用してつやがある電子スペクトル(ARPES)を見分けて単分子層を測量して両分の副層のイリジウムの酸っぱい塩Sr2IrO4および、Sr3Ir2O7の電子構造と混ぜて変遷を量りを実験する”のリポートに関して、2016年のバセロン・コンスタンチンの科学的な賞を光栄にも担当します。

バセロン・コンスタンチンの科学は授賞式に2016年6月1日(水曜日)バセロン・コンスタンチンでPlan-les-Ouates制表工場の催し、賞品がOverseasは縦横に全国各地のシリーズだ時に1枚計算するのを表彰します。バセロン・コンスタンチンの最高経営責任者Geoffroy Lefebvre、受賞者Albertode laTorre博士、ジュネーブ大学道理学院の院長ですかJérôme Lacour、副院長Christoph RennerはとMartinGander、Thierry Giamarchi教授とMichèle Maggioreの教授、バセロン・コンスタンチンは総監督MartineDepresleと技術の総監督Alexandre Chiuvéが授賞式に出席したのを召喚して審問します。

この賞の誕生とバセロン・コンスタンチンの悠久の歴史は同じ流れを汲んで、ブランドの創始者Jean-Marc Vacheronは1人の優秀な若い屋根裏部屋の職人、時計の発明家とヒューマニズム者なだけではなくて、更に時代の科学技術に対して進歩的に満たすのが好奇心があります。バセロン・コンスタンチンは科学技術の領域でますます深く博して、表を作成する史を引きつけた上にいくつかの重要な人物のは加盟して、この中はGeorges-Auguste Leschotを含んで、彼は1つ目を発明して作ってチップの部品の機械に交替することができることができます。時代絶えず変化していたけれども、1755年にのバセロン・コンスタンチンを創立して、一度も生産する世界の歴史の最も悠久の時計メーカーを中断したことがないとして、技術に対して突破する情熱を研究してと一度も消してなくて、そしてこれまでと少しも変わらず時計算する研究と発展に力を尽くしを。