北京は表してもう1度“1型の時計”を刻みます

継続のために1958年から便に始まって絶えずブランドの前へ発展する前衛精神を推進して、北京は新しくもう1度“1型の時計”を刻みを出しを表して、ずっと流行遅れでないの、独立独歩する流行する腕時計を製造します。もう1度“1型の時計”のアウトラインの線を刻むのがきちんとしていて、小屋を表すのは細かくて薄くて精致です;クラシックの材質の亜克力のガラスの製造した鏡映面は少し少しの弧度、富む立体感があります;銀色の時計の文字盤の上で、金めっきする剣の形のポインターは時間の目盛りと入り乱れて輝きます。1枚ごとにがもう1度“1型の時計”を刻んですべてただ1つの通し番号があって、底の閉じは北京を彫り刻んで独特な“BJ”の印を表して、この印は紫禁城建てる美学のつりあいの平衡がとれていて中国式の図案の美学の四角形を紋様の構造に帰って結び付けて、1枚ごとにが“BJ”の印のハイエンドの腕時計を持って、すべて極めて大きい程度は手製で作る精髄を保留して、品質と価値の体現です。すばらしい黒色の牛革の腕時計のバンド以外、また(まだ)1条配送して艶消しと細い絨の質感の気が狂う馬革の腕時計のバンドに介在して、時間推移をつけるのに従って、腕時計のバンドの上の特殊なかききずが越えるでしょうのはだんだん明るく美しくて、比類がありません。

北京は“宮城”の贈答用ケースを表します

創立する初めの前衛精神からブランドを受けてその通りにして、北京はもう1度型の“1型の時計”の宮城の贈答用ケースを刻みを出しを表して、この贈答用ケースはきわめて簡単な東方の美学と建物の中から霊感をくみ取って、特選の紙の材料によく合って、地味で派手な質感を持ちます。直接に印刷する北京にブランドマークを表すようにおさえるのがいて、天安門城楼金付けする“BEIJING”と結合、国際流行の範を満たします。

箱の常規のの“天地のふた”を表して方法を開けるのを突破して、これは1モデルの“押し開ける”の箱です。透かし彫りの“L型が“Lessismoreからとる”のきわめて簡単な内包、同時に、贈答用ケースのの“機関”を開けるです。

右側はもう1度“1型の時計の“のを刻んで陳列するので、1つの時代の流行と潮流、いまどきになって依然として流行遅れでなかったクラシックです;左側の黒色の箱の閉じはよく見通しがつく北京のブランドマークを印刷していて、内部は2層に分けて、上層は贈る資格がある1枚の精巧な赤色の天安門のブローチと気が狂う馬革の腕時計のバンドで、艶消しと細い絨の質感の皮質に介在するで、予想もできない豪快な風を持ってきます。下層部は腕時計の身分証明と取扱説明書をレイアウトします。