《伝奇が故郷に戻る》ランゲは20周年の特別テーマ板を復興して北京で試写します

《伝奇が故郷に戻る》はその後退の人々の視野の20周年の撮影した1部の特別テーマ板を紀念するため薩克森の精密な表を作成するブランドのランゲです。20分の時間の中で、この重要な歴史の数名の創造者、自分で経験する者は目撃証言者と鏡の前で1度行ってランゲ復興する集団に関して思い出します。

前世紀の90年代初期、ベルリンの壁が倒壊した後に間もなくて、すでに故郷の近い40年のワルター・ランゲ(Walter Lange)を離れて百の不用な復興を待つ格拉蘇蒂小鎮に帰って、ここで再建し始めてその年曾祖父がなんじのディナンの多い・アドルフ・ランゲ(Ferdinand AdolphLange)創建がかかった、後に戦争と戦後の政治の構造のためですから近い半分世紀の精密時計王国を中断したのを望みます。彼と時任ジャガー・ルクルトと万国の総裁の君の特・布と呂とLane(Gunter Blumlein)は協力して、ハートと穆特・科諾特(Hartmut Knothe)の協力してがおりるに工場の建物を人を集めて勢力を張って、建設して、4年の奮闘を経て、ついに1994年10月24日に1度の前例のなくてみごとな発表会でランゲの後退と薩克森の精密な表を作成する復興を宣告しました。

この特別テーマ板を撮影して作るのはランゲの中国と《奪い取る世界の》欄の共通の願いと使命です。これは《奪い取る世界》とランゲの第1回は別に協力しなくて、総プロデューサーの盧のはるかに明らかなのが彼と彼のチームの前回着いて格拉蘇蒂を訪ねたのを覚えている時ちょうど2011年2月の中国の春節の期間、そこ彼らで1部の全面的な紹介のランゲの映画を撮影して、そしてワルター・ランゲと短い付き合いを行いました。あの様子の場所の持ってきた深くて長いのが正に心を打つで、彼の心の中でこちらの伝奇の老人と深く突っ込んで対話する願いに埋めて下きました。そのため、ランゲの中国が1部の特別テーマ板を撮影してブランドが復興するこの重要な歴史まで(に)再建するのを紀念するのを提案する時、《奪い取る世界》方面ははるかに同僚達も最初の肝心な時間の投入とと関係がある極めて大きい情熱、盧準備活動に現れ出ました。

この意味を満たす特別テーマ板について、ランゲは格拉蘇蒂小鎮の本部に位置して全力で支持を与えて、彼らは積極的に関連の方面と開いて連絡して、1つ1つ撮影する候補者に参与するのを確定します。最終、90歳の高齢のワルター・ランゲ、ランゲはWilhelm Schmid、ランゲの前で総裁社長のハートと穆特・科諾特(Hartmut Knothe)、現代のランゲの第1陣の従業員のハルと穆特・格耶(HelmutGeyer)と克斯汀・里希特(Kerstin Richter)、格拉蘇蒂の元市長Frank Reichel、オーストリアの時計商Christian R.を担当しています Hubnerなどは皆興奮する気持ちを持っていてその中に参与します。ランゲ時計工場も書類保存室の中から写真、つきあいの雑誌などの多くの貴重な歴史の資料充実させる撮影の内容を探してきます。