ロレックスは利の尼のシリーズの50609RBRを切ります

自動機械的だ/39ミリメートル/プラチナは殻のラインストーンを表します

新作の簡単な紹介:今年新作が利の尼の真珠や宝石の腕時計出す全新切里尼係のリストの違いを切るのが去年と大きくなくて、外観の上で最大の変更は外側のコースと目盛りが皆ダイヤモンドを使って飾りを添えるのです。2層は小屋を表してシンプルな線と優雅な風格を持っていて、次に一層の精細に彫刻する三角形の物は紋様の外側のコースを陥れて、人にロレックスのすばらしい特徴まで(に)連想させて、上は一層密に62粒のダイヤモンドの外側のコースを埋め込みして、人にますます感じるのが派手にならせます。著しい視覚は対比して鮮明なつやがある影の効果を作って、利の尼TIMEを切って今回モデルを表して宝石の運用とについて訴えるのを称賛させられます。その上この表の18Kプラチナはダイヤモンドは装飾を埋め込みして、つけた後に気高く立って現して、今回が利の尼の新型を切るのは見たところ主に派手な路線を行くのです。