ティソは知能腕時計の原型を公表します:ポインター式の時計の文字盤はセットの設備とつながることができます

有名な腕時計のメーカーティソは2015年のバーゼルの時計展にあって、そのティソのブランドの知能腕時計の原型Smart Watchを展示しました。

この腕時計の外形は依然として伝統のポインター式の表面で、しかしT-Touch Solar Expert技術を内蔵して、ブルートゥースとNFCを通じて(通って)無線アクセスを行うことができます。同時にこの知能腕時計の組み合わせてセットにしたのが1つの拡大がまだありと設備に立って、ブルートゥースの無線を通じて(通って)お互いにつながることができて、この拡大駅は正確に屋外の天気を得ることができて、経度と緯度、気圧、温度の湿度など、そして同時に腕時計の中でまで(に)表示します。

ティソは知能腕時計の原型を公表します:ポインター式の時計の文字盤

ティソは表して、このような方法を通じて(通って)更に精確なデータを得ることができて、腕時計の体積に縮小させたの同時にまた各種の知能機能を提供することができます。それ以外にくっついて携帯電話あるいは鍵上で付け加えることができる1つの小さい部品がもあって、腕時計感応の相互の距離、そしてポインターを通じて(通って)両者間の方向を指示して、急速に探します。現在のところのティソはこの製品は今なお原型が段階を開発するのを漏らして、未来もっと多いNFC機能を広げるでしょう、たとえば車のドアを開いて、車をスタートさせて、ティソのこの腕時計の名称は“SmartWatch”で、この商標はすでに数年の前に登録して、これもどうしてその他のメーカーが“互いに対聯設備”を使うことしかできなくて知能腕時計の呼称にするにに来ます。