真珠や宝石の“4C”は鑑定します

すべてダイヤモンド、真珠や宝石と接触する人があって確かですべて“4C”の品質の標準を知っていて、大きいドリルにも関わらず、小さいドリル、主ながあける、あける資格がある、全て“4C”の標準を使えてその価値を判定しに来ます。“4C”はダイヤモンドの色、清浄度、重さとカットを含みます。もし称する資格がある宝の石段のダイヤモンド、そんなに無色で透明でであるべきで、保証することができるこのようにのは傷或いはきわめて少ない傷がないのです。前も使ったのに話が及んだのが腕時計の中で必ずダイヤモンドの中のトップクラスでなければならなくて、その平均の標準は:色は必ずG色(接近するのが無色だ)の以上に達しなければならなくて、清浄度はVVS1以上に達して、カットは少なくともVeryGoodランクです。パテック・フィリップ、ロレックス、相手が好きな時計工場の求めたダイヤモンドのランクに似ていてまた(まだ)高を要して、清浄度一つについて必ずIF級(絶対的な傷がない級)に達しなければなりません。

言うことができて、真珠や宝石をするのは自身を表す時計と真珠や宝石の技術のに対して高の挑戦まで(に)で、挑戦がもしないならば良いものではなくて、挑戦がもしないならば価値がありません。本当に良い真珠や宝石は表して、それの作った難度は最終現れる効果とと同じに、すべて客のとして私達が事前にあらかじめ予想できないのです。もしも1モデルの高級な真珠や宝石は表して、その技術と効果はあなたの予想の中でので、それではこのガガミラノスーパーコピー時計がまだ極致をやり遂げると言うことしかできません。