ブレゲ:革新する名、敬意を表しますクラシック

ブレゲ(Breguet)が2016年のバーゼル国際時計の真珠や宝石展の上で全く新しい臻の品物を出す時計算するすばらしいシリーズCLASSIQUE7147腕時計、ブレゲ(Breguet)の一貫しているクラシックの風格を踏襲して、同時に大胆な革新を行いました。ブレゲCLASSIQUEすばらしいシリーズの創作のインスピレーションはおじさんためめったにない–ルイ・ブレゲ先生の創立した“ブレゲ(Breguet)の風格”を引き延ばします。このシリーズの時に計算して創建し営みを目指す時計算する美学と技術の手本、幸運だのが精確で、はっきりしているのを表示して、線が優雅です。あるいは細かくて薄く複雑な機能表のモデルが全てブレゲ(Breguet)の一貫している技術の理念、きんでている技術と伝統の価値を受けてその通りにしたのなのにも関わらず。同族列の5140腕時計も“ブレゲ(Breguet)の風格”が演繹するのを詳しく徹底的です。

ブレゲのすばらしいシリーズCLASSIQUE5140腕時計

CLASSIQUE5140は表すのはモデル18K黄金のモデルと18Kプラチナのモデルがいて、丸くない真珠を添えて模様を刻んで銀をめっきする金の時計の文字盤と“大きい見える火”の白色のエナメルの時計の文字盤の2種類のデザイン選択を供えるのを彫刻します。時計の文字盤の上のブレゲ(Breguet)は独立して通し番号、腕時計の愛好者と収集家のためにその出所と正統的な血管にさかのぼって根拠を提供します。ただ1つの製造番号は代々伝わる表を作成する技術と心血を目撃証言して、後世に後世にまで代々伝わることができます。手作業の丸くない真珠は模様を刻む時計の文字盤を彫刻してブレゲ(Breguet)を2つの多い世紀の独特なの技術に彫り刻んで今なお伝承して、優雅なよく変わる刺青時計の文字盤を高めた上に各機能地区の識別性、ブレゲ(Breguet)の腕時計のシンボル的な特色の中の一つです。

ブレゲ(Breguet)のクラシックのシリーズCLASSIQUE5140もブレゲ(Breguet)のステルスする署名を搭載して、ブランドの創始者の制定する細長くて優雅なえこひいきの“月の形”の針の先の藍鋼のポインター、および、ブレゲ(Breguet)先生設計の独特なアラビア数字の時に多くの項目のクラシックのシリーズの特色に合います。優雅で簡潔な表面設計はと地味で含蓄がある貨幣を表して枠の上で紋様に扮して互いに引き立って、ブレゲ(Breguet)の時に計算する独特な設計の風格のために1筋の色を加えます。