HOYAはF1シリーズの両標準時区の腕時計を発表します

2014年にもうすぐ向こうへ行って、HOYAは年末に接近する時1モデルが新しく表しを出しました――F1シリーズの両標準時区の腕時計waz211a.ba0875。この腕時計の設計と造型はすべて人にとてもよく知っている感覚をあげて、今年のすばらしいデザインになるのについてことができ(ありえ)るかを知りません。

どうしてこの腕時計がとてもよく知ってい見えると言いますか?去年の時ロレックスも1枚のGMT腕時計を発表したためです――インテルの小屋。去年に、この腕時計は勢力(威力)が大きくないと言えないで、しかしも多くの人の目を引きつけて、去年最も買う何本の腕時計の中の一つに値したのです。両者はおなじなサイズとおなじな機能を持っていて、ロレックスの時人に表示する感覚はただ更に際立っているだけ、夜間に読む時時少し丸い時表示して更にいくつか優位があります。

それは採用するのCalibre7の自動機械的なチップで、このチップはこの腕時計の動力の源です。それはGMTの機能を持っていて、ETA2893―2から改造するので、1つの比較の中で規則の中でおきてのブランド時計コピーチップに属します。200メートルの防水の効果もそれに1枚のダイビングの腕時計に変身することができるように支持して、自身の色を結び付けていてもちょっと“偽装”のことができます。

この腕時計の定価は2200ドルで、これはロレックスインテルと閉じ込めるのが優位の最大の場所を比較するのです。聞くところによるとこの腕時計が年末にただ発売するのなだけで、大概は2014年11月の頃です。この価格が業界の良心だと言えたのを見て、多くしばらくを待ってHOYAからのインテルを付けて閉じ込めることができたの。