毛主席の一生の中で唯一つけたことがある時計

1945年、国民全体で抗日戦争の時間を祝って、詩人の郭沫若と毛沢東は出会って、彼らは50年余りの親友を知り合ったので、郭沫若はその時腕時計がとても流行のもの、実用的な、だけではないのそれとも身分と地位のシンボルだと思います。一方、郭沫若の明らかな毛沢東の清貧で、苦しいの;一方も毛沢東が間もなく重慶で過ごして険しい日夜緊張すると予感して、1分1秒はすべて手配があって、時間を掌握するのが非常に不便なひとつの腕時計がありません。

そこで郭沫若は自分の手の行く1ブロックリストの両手を毛沢東にあげて、このグロックオメガは表して、外側は円形で、機械を結んで表して、小道の4センチメートルを表して、字形の“12”の数字の下に茶褐色牛革制のため“Q”の記号と0MFEGA字形、腕時計のバンドがあります。産自世界時計王国のスイス。このブロックリストの由来に関して、一説には郭沫若がヨーロッパを遊覧する時のために買って、一説がこの前に間もない1945年は夏郭沫若がソ連を招きに応じて訪問するのだ時、ソ連の友人の贈呈する紀念品。