SEIKO(セイコー)Presageエナメル面で一般の家に落ち

2016年、世界に向けてセイコー初された彼らのPresageシリーズで、全世界で好評を受けて、このシリーズには中国、日本、一部地域で成功。ドレスアップスタイルの機械腕時計として、よく見かける通常のセイコーよりも高くなります。2016年、セイコー発売のPresageシリーズSEIKO自動時計ろくじゅう週年記念限定モデルクロノメーター、組み合わせのエナメル文字盤、この価格の範囲の内では最高のクロノメーターの一つ。
SEIKO(セイコー)Presageエナメル面で一般の家に落ち
2017年Presageシリーズ新品でも見つけることができるエナメル盤デザインの腕時計、合計4項、それぞれモデルも、手作りエナメルフェイスは、優雅なローマ数字がつく。新型参照したSEIKO 1895年の初の懐中時計「Time Keeper」を採用した時、そのローマ数字表示の設計。
エナメル工芸は欧米とはガラス質やセラミック粉末焼結はマトリックス(例えば、ガラスや金属表面の形成の陶磁器)の殻、その独特な光沢が柔らかく、暖かなエナメル質感、長いキレイ色(以上ひゃく年)、喜びの人々の目。そして大明火(2Feu)エナメル、必要だから多段階の色や焼く工程、その面盤の上の目盛時と標はエナメル技師手作りで描かれ、そしてまた一度必要火ばい焼、工芸繊細程度が垣間見える。