男は口の良い刃物があるべきです――セイコーAnanta“サムライの刃物”

日本の刃物は人を目を通すのが忘れ難いそれは単に面の刃の鋭いのと寒々とした光が光り輝きにあらせて、日本のは全くになってから刃物の術を鍛えて、人類に金属の加工技術の極致について求めるように代表しました。2009年、セイコーはスイスバーゼルの高い調子でAnantaシリーズを発表して、この名前はサムライの刃物の“Katana”の英文の近似音に生まれて、この語それともサンスクリット語の“極限がない”の意味、新しいセイコーの山頂の峰の製品のシリーズの誕生を暗示しています。Anantaの表す殻はサムライの刃物のおなじな“3段階磨き上げて技術を売り払う”を採用してと、そして日本製の刃物の大家の後代の人から自ら参与して針の加工技術の進歩の中で行って、このシリーズの腕時計に空気の鋭い稜線と極致のつやがある効果を横に大きく開くことができるのを与えて、その自動的に陀の造型を並べてと技術を磨き上げてもサムライの刃物のアームガードプレートとやり方は異なるが効果は同じです。同時に、セイコー所属は最もハイエンドの8Rシリーズのガイドポストが時間単位の計算のチップに順番に当たる、“七宝が燃やす”のエナメルの時計の文字盤、SpringDriveが1秒のチップなどを掃くのは加入しても次第にAnantaシリーズの機能とデザインを豊かにして、トップクラスのセイコーついにもうただ地味な外観でないのを譲って、男の最も忠実なあのよく切れる刃物になった。