MB&F Horological Machine No.4の究極の版

ほどなく、自分のプロペラ機の旋回する青空を運転していて、ヨーロッパ上流社会最もハーフバックとかっこいいスポーツで、ディーゼル・エンジン技術と航空の製造技術が大幅に発展した後にまで、飛行機を運転して専門性のとても強い仕事になって、やっと個人の航空機のブームに次第に冷却させて、すぐこのような、男の心の中の旋回する青空の夢は依然として消滅していません。飛行器、コンピュータ(テレビ)ゲーム、航空模型をなぞらえ似せて男の子の夢になって託して、Maximilian Büsserは中の一つで、、は全世界の最も飛ぶ鳥も落とす単独での表を作成する師になりまで彼は依然として実践の自分での夢、飛行機を計略につける上にいます。有名なHorological Machineシリーズのつやがあるチップ設計がつぶす時3年、300余り部品から組み立ててなって、ほとんどすべての部品はすべてあるチップと通用しないで、それはレベルの並置の両ぜんまいの箱を使って2チームの垂直の輪列に駆動して、動力の伝送を筒形のクリップ2個のバインダーの船内に着いて、それによって時間におよび、動力が貯蓄するのを表示するように指示します。単にあの1対のサファイアは鏡を表して180時間を消費して磨き上げて、更にかたい宇宙金属を持って殻の材質を表さないでください。このシリーズの最後の1つのバージョンとして、この霊感はF―117劣性の戦闘機の腕時計に源を発してただ8つだけ生産して、夢想する実践者として、Maximilianは本人は必ず1枚残して、彼の小さいパートナ達もとっくに残る“戦闘機”は分割したでしょう。だからそれは大きい多くの人にとって、甚だしきに至っては1台の戦闘機に比べて更に買いにくいです。