Boucheron宝の詩の竜のやさしい真珠は無数な愛情のストーリFemmes Boréalesに照り映えました

Femmes Boréalesは根源を明らかにして、伝統の衣服のスカートと皇室の真珠や宝石を参考にします。真珠、米で貴重な宝石の華麗な飾りもとでとあけて、敬意を表して生活します寒い大地での気高い女性。Baïkalビスチェの衣服の胸前の部分は扮して藍玉をいっぱい埋め込みして、まねて海の中の藍色の島で浮かぶようで、またバイカル湖の湖水のようです、たいへんきれいできらきらと透明で、氷は清潔で透き通るようです。

1858年、真珠は傲慢にたいへんきれいで派手なの技術が独自の境地に至っている山頂の峰にうずくまるだけではなくてと、その価値は更にダイヤモンドにはるかに勝ることができます。その時に、真珠のネックレスはレディースのこの上ない宝を贈るのです。ブランドの創始者Frédéric Boucheronは徳烈克・宝の詩の竜がかかって深く真珠の豊かで美しい風格で傾倒して、費用をいとわないで越えて10年に世の中の超美の真珠の雌の貝を訪れて、その一生のためにGabrielleBoucheronを最も愛して極致の華美な天然の真珠のネックレスを作ります。

Boucheron宝の詩の竜のやさしい真珠は無数な愛情のストーリに照り映えて、ストーリの主人公は更にロシアのラスト・エンペラーを含みます。ツアーのニコライ2世がビクトリア女王の孫娘Alix de Hesse―Darmstadtに妻をめとる時、こちらの未来のツアーのニコライ2世は妻の精致な真珠のダイヤモンドの王冠を贈って、Boucheron宝の詩の竜のが正に行うです。この時から、Alix de Hesse Darmstadtは圧倒的部分の政府の写真を撮影する時、皆選んでこの王冠を付けて、比較的重い伝統Kokochnik髪飾りではありません。

皇室のビスチェの衣服の胸前の部分はに扮しますかBaïkalは約2000粒の真珠を象眼して、真珠や宝石師の天然自然の物より勝る設計を通して、無数な絹糸で引っ張って縄になって、連絡を取り合う藍玉、半円の真珠と銀はあけて、つけるのを確保する時自然が心地良くて、高尚・上品で比類がない風格をも配ります。労働者の坊を設計して更にネックレスで陰で精密に海のような青色の珠玉のちょう結びを想い抱いて、調整に都合よくて、更に締めて粉の首の曲線を貼ることができます。

78.33カラットのSanta Maria楕円の藍玉は島が浮かぶchangようです、紺碧できらきらと透明なバイカル湖と入り乱れて輝くだけではなくて、月の石上の象眼する真珠とナシの形の米はあけて、更に挨拶する皇室の真珠や宝石とファッション。色が白くて綿の真珠と厳しい冬の青色の青の渾然としている日のウブロコピーようだなって、米のあけるレースを象眼して首飾りに飾りを添えて、と調和がとれていまとわりついて織りなしを対比して、女皇のあの美しい顔かたちは氷河のようだ日光の下できらめいて、真珠の米のあける引き立ての中でで非常にまばゆくて、限りがなくてあでやかな息を配ります。