亜敦煌に達するテーマの心を飛んで腕時計の平方寸の間を通じて(通って)また西域を現して情に迷います

2019年のバーゼル国際時計の真珠や宝石展の上で、亜達して大家のシリーズの敦煌のテーマの腕時計を携えるのを飛ぶ、マッハのシリーズの“殲―20”が連名でモデルを限定する、美しい容貌と挙止のシリーズ、心の琴線のシリーズが展を出す。専門の表を作成する技巧と文化の美感の追求に対して維持していて、亜達して腕時計を通じて(通って)大家のシリーズの敦煌のテーマの心を出しを飛んで、千百年以来世間の人の極致の敬虔だと想像を、平方寸の間で再現して、敦煌の永久不変を再現するのがきらきら光ります。

腕時計はアルミニウム青銅の材質を選抜して製表の殻を打って、白いホーローの時計の文字盤によく合って、ホーローのやさしいののと青銅の古典を持ちつ持たれつで更によくならせます。アルミニウム青銅は時間の自分で経験する者で、時が経つにつれて、ある程度の古い青銅の効果を形成して、独特な復古の美感と年代思いを現します;ホーローの材質、金属の表面の塗布の幾重にも重なり合う磁器の釉なければなりませんで、高温の粉末冶金を通じて(通って)ようやく成し遂げることができます。あっさりしている磁器の白色のホーローの時計の文字盤、表面のつやつやしていて明るい沢、金属の強さを兼備して、磁器の釉の華麗なの、および腐食する性能に耐えます。腕時計の持つ者にただ1つの腕時計の色合いを与えて、長い間がたつのが青いです。

腕時計の6時での位置設置の洞穴の扉の形のカレンダーの窓口、線がまろやかで潤いがあって、精巧で精致です。立体の斜面のフレーム設計を通じて(通って)、ディジタル表示を更にはっきりしていさせます。腕時計は敦煌をテーマにして、敦煌の遺書の中の稀有な貴重な品で――《般若のポロの蜂蜜が気を回す》は霊感として、独特な中国の漢字を採用して時として表示して、フォントは文の中の古典の書道を通じて(通って)蔵経洞からとって、厳粛でみごとな米の本の風が現れます。

腕時計は使うのねじ込み式が冠を表すので、冠の上方を表して彫り刻む亜達するブランドの簡略した書き方logo“F”を飛びがいます。

仏教の中で、般若のポロを口にして甘くて多くすべての苦しみを割ることができるのを呪って、この腕時計は特に底でかぶせて般若のポロの甘い多く呪う字形を彫り刻みます――“道理をあばいて道理をあばいて、ポロは道理をあばいて、ポロの僧は仏教の心印の秘密の言葉の銘刻を心で道理、菩提の薩のおばあさん訶”、あばきます。

敦煌、既存の2千年余りの歴史、“シルクロード”の上のきらきら光る明珠で、東方と西方が文明的でこので織りなしてぶつかって、今回亜達して腕時計を通じて(通って)全く新しい敦煌のテーマの心を出しを飛んで、世界の歴史に対して文明的なのが敬虔でなだけではなくて、同時に中国の文化を更に広大な天地に推し進めました。