Blancpainは、ブランド大使と連携して、年度テーマ「速朽時代の目盛り」を発表しました

最近の情報では、時間の波の中で、物事の流れに流されないで、堅持によって、自分を実現します。科学技術は急激で、都市は孤独で、名利の争い、価値と観点のが入り乱れています。我々の急速な朽ちの時代を構成しています。ポパーはブランド大使と親友と手を携えて、年度テーマの「速腐朽時代の目盛り人」を発表して、浮世の中の堅持に敬意を表します。宝パー文化大使梁文道、呉暁波、芸術大使馮遠征、ブランド親友呉秀波、共同発声、迷いに抵抗する。
大きさに関わらず、すべての個人はすべて1部の自分の堅持に属しています。ポパーにとって、堅持は長い激情です。ほぼ3世紀にわたって、「堅持」というブランド精神に根ざしています。全機械の伝統を堅持し、開発と革新を堅持し、完備と自主を堅持し、トップクラスの品質を堅持し、長期的な視野を堅持する。
2012年、ポパーは文化プラットフォームを設立し、イメージ大使を採用する慣行を捨てて、思想があり、魅力があり、深い指導者を探して、独自に文化大使、芸術大使、公益親友の名を冠して、共同で手を携えて社会大衆に価値のある情報と観点を伝えます。特に、人格的な魅力に満ちたこれらの人物は、将来の世代に灯台のような案内を提供すると信じています。
五年以来、梁文道、呉暁波、馮遠征、呉秀波は自己主張を完成しているだけでなく、「大使」と「親友」として、宝パーの恒心を述べています。今回、4人のそれぞれの分野の優秀な人が初めて集まって、それぞれの個人を探求して堅持する過程の中で、必ず直面しなければならない問題:自己懐疑、自己疎解、自己アイデンティティ、自己突破。
今日まで毎日五、六時間の読書時間を維持していますが、正直に言うと、私にとっては堅持していません。私は読書が好きです。読書が好きです。毎日たくさん読まないと気分が悪くなります。」
「自分を疑うことは簡単ではないですが、毎日自分を疑っています。自分を確定していないときは、もっと慎重になり、もっと真剣になります。自分が足りないかもしれないということをもっと意識しますが、まだ明確に見つけられていないだけで、探したいと思いますので、改善の余地があります。
「以前からある新聞雑誌の大体の立場を知っていれば、毎日しか読まないです。その立場とは違って、また反対の新聞雑誌を見に行きます。今日の中国は大量の人と機関が人の感情を動かすことを快感と目的としているか、あるいはこれのためにお金を稼いでいると思います。
「報道を通じて一人の生活の真実を見つければ、それは迷宮だと思います。本当に正確に教えてあげます。私が見たのは70%から80%の記事があります。私が経験したことがないので、彼らがどうやって書いたのか分かりません。
「選択をするには二つの要素があると思います。一つは順順といいます。一つは直感といいます。あるいはある種の共感感です。」
「直訳を続けるということは、生きているということだと思います。えっと、つまりどうして仕事を続けているということですか?私は生きていますので、なぜあなたが楽しいと言いますか?生きていくために、なぜあなたは孤独を堅持しますか?あなたが生きているから、すべてを堅持してください。生命からの必要があると思います。
「俳優とはなんですか?俳優は実は雑家です。なぜ私は先生が好きですか?演技はそんなに玄妙なことではないということを証明したいです。実際に今日は誰でもいい俳優です。演技を学びたいというなら、俳優としての心の感じを体験したいです。お芝居以外に、一番大切なのはカーテンコールの瞬間です。多くの子供たちはカーテンコールを終えて、俳優としてどれだけつらいか、幸せなことかを知った」と話しています。
すべての職業にインスピレーションが必要です。今は習慣ができています。もし私が夜寝る時にインスピレーションが生まれたら、私はきっと早く起きてそれをメモします。そして、その時あなたが一番知恵のロレックススーパーコピーある人だと気づきます。
「毎年の年末か年始に、私は去年の公演をまとめてみます。どのシーンが一番いいと思いますか?どのショーが一番いいですか?それはいらないです。あなた自身が成長し続けていますから。学問には限りがない。芸には限りがない」
「さまざまな変化が私たちに来て、中国を畏敬させ、恐怖を与える巨大な巨人に変えました。最近、2008年から2017年までの中国の十年間の経済史を書いています。これは2017年の一番重要なことです。
「人は中年になっても問題がたくさんあります。この年齢になったら、もういろいろなことをしています。次のことをやる時、前のことを少し超えてほしいと言いたいです。たとえわずかな進歩でも、この進歩はだんだん難しくなってきています。」
“堅持するのは1種の自己の期待の外在する態度であるべきで、あなたは10年の20年甚だしきに至ってはもっと長い時間で試験を受けに行って、またいろいろな誘惑があなたにあげて、いろいろな成長のボトルネックがあることができて、出現することができて、あの時あなたは毎回突破することができますか?”
「達成感があるということは何もありません。実は、一人の一生は一つの虚栄を満たしています。つまり、あなたがやっているある仕事が他の人に価値を与えてくれて、自分が喜びました。」