ジャークの独ルーマニアのひすいの35ミリメートルの頃の小針皿

ひすいは頃に小針皿は青春のために無限な活力を与えて、ぼんやりしている年齢で初恋の味にあこがれています。ひすいは全部来る自然の米を生みと付いていて、真っ白な材質の中で、浮遊状態青緑色の色、それ深く隠れて底、つまり時間どのように襲って、すべて少しもひすいの魅力を浪費することはできなくて、またよく合って18K赤い金で殻を表して、金環とポインター、まるでひすいをゴールドにあった上に埋め込みして、ちょうど“金が玉を埋め込みする”の美談、願っていてすばらしい愛情をも1段の佳話にならせます。

ティファニーの石は頃に小針皿は1筋の純粋でロマンチックな紫色を深く時間の中にしみ込んで、含蓄ありげに優雅で、気高い神秘、すこぶる宝石商を受けて、家と収集家の愛顧を鑑賞します。ティファニーの石、西のユタ州のベリリウムの鉱山(物)で源を発して、鋼の更にしなやかで、かたい鉱石の痕跡に比べてある種類を含みます。それはまた紫色のヨーロッパが停泊すると語って、きわめて貴重な紫苑色の宝石です。ジャークの独ルーマニアはティファニーの石の本来は自然できめ細かい筋模様を保留して、点々砕ける砕けるが紫でゆっくりと紫色の絹糸を為替で送って、時計の文字盤の上で植物の根系と同じに盛んにしかも生命力あふれて、愛情のブライトリングコピーために深い情誼での詩歌を書きます。