ブレゲの航海のシリーズの5887PT/Y2/9WV腕時計

直接に見てから、そして古典のローマ数字は飾って少し丸い時間の目盛り発光して、ひっくり返りと口針を開いて互いに引き立つ発光材料の金の質ブレゲがあって、時間は明らかで直観的なことを指示します。別に金の質の太陽の太陽のポインターを彫刻するのがいて、および上方の週、月、年度ウィンドウズ、中央が逆で期日を跳んで窓にと8時に方向のがディスプレイウィンドウを蓄えて構成に動くように指示します。

5時に方向は60秒の陀はずみ車を持つだけではなくて、その内部の不規則な楕円は時間の等式のディスプレイ装置で、カムの透明な宝石の円盤を積載するを通じて(通って)、陀はずみ車は時間の等式のカムと軸とはっきりしているのに運行してわかって、全体の腕時計の配置が精巧なことを明らかに示します。

内部はブレゲの581DPEチップを搭載して、チタン金属の骨組みの中でブレゲを内蔵して車輪を並べて、ケイ素の質の空中に垂れる糸によく合って、チップが最大限度に引力と磁界干渉を下げるのを保障して、幸運だのが更に精密で正確なことをさせます。車輪を並べて奮い立ってしきりに4ヘルツに達して、同時に自動的に鎖のチップに行くために80時間続く十分な動力備蓄物を提供します。