どのように輝いているダイヤモンドを選びます

何が1粒のダイヤモンドを輝いていさせるのですか?

光線が発射して時に1粒のダイヤモンドに入る、中から横切って、それから面の内部の表面を刻んで反射してくるを称します。それから、光線はダイヤモンドを離れて、おそらく白い単色光、あるいは色が色に曲をつけるので、前者は光度と称して、後者は怒る色彩と称して、赤くて、ダイダイ、黄色で、緑で、青くて、青くて、紫の虹の色に分けます。

あなたあるいはダイヤモンドが移動する時、ちらつき効果が現れて、白い単色光とカラー光はダイヤモンドの上で交替で明滅し見えて、明暗は照り映えて、泳いでいくのが定まりません。このような明暗の対比は動態ので、非専門の用語を使って述べて、ぱっと光り輝く現象をもたらします。