よくある疑問を補修します

当文章の中で、私は1つ1つ4つのブランドが標準を修理保証していて流れの細い項と釈明するのを論述することができなくて、しかしいくつ(か)のよくある疑問を総括して私の観察と理解を言うことができます:

保養を表して含むかどうか光沢加工を磨き上げますか?私達は国内の修理センターの先生を信頼することができますか?

普通は、件が修理センターに着きを送る時、物を受け取るメンテナンス師はもう第1回の撮影と測定を行うことができるようになって、この時殻の現れたのを表してひどくて当たって出されを壊してかじって、かつメンテナンスが提案するのを出して、だからもしも特殊要求がなくて、保養して補修する時すべて表したのを行って光沢加工を磨き上げることはでき(ありえ)ませんと。

私達の今日言うこのいくつ(か)のブランドはたぶんすべて貴金属でモデルを表して多数を占めて、たとえ鋼の材質は殻を表しますとしても、多重の技術の磨き上げる設計になおあります。パテック・フィリップの中国顧客サービスセンターのマネージャーは主な達を表して1件の事に注意するのを提案します:比較的明らかな罫書きはかじりと当たらない限り、できるだけとても経常的なことが要らないで殻の光沢加工を表しを行って磨き上げて、材質が必ずわずかの損失がある以外、殻の形を表しても一定が工場出荷するほうがいい時完璧です。パテック・フィリップのサービスセンターの中で、専門的にジュネーブの厳格に育成訓練したのを通って先生を磨き上げるのがあって、各種のパテック・フィリップが殻の技術のを表して磨き上げて修繕を行うことができて、切断面の技術を閉じ込める1つのパテック・フィリップの専有の表しがしかなくて、道具のためきわめて高価な原因の外、ジュネーブで全て中国の処理で必ず、その他を完成しなければなりません。

APの皇室のゴムの木も手工芸の比較的複雑な表す殻設計に属して、上海で修理センターが育成訓練を通ってしかも本工場の審査する専門を通じて(通って)師を補修するもあって殻を表しを行って修繕することができて、しかし依然として優先処理を表して当たって、吹いて比較的ひどい部分を損ないをかじる提案します。この点のバセロン・コンスタンチンも同じ情況で、その上修理保証期間の内で、無料なおおざっぱな光沢加工を提供することができます。ドイツの修理センターの持って帰るランゲからモデルを表して、ほとんど完美ニュースキンを表すでモデル、当然だ自分でふだんつけて比較的注意する以外、かじって当たる1か所の比較的ひどいののがあって、同じく修理センターに完璧に解決させられたに。