ハンカチの瑪の強い尼Tonda1950腕時計

Tonda1950腕時計が復帰するのが元来本当で、解釈するのは絶対にすばらしいです。外観は精巧で簡潔で、卓はなんじが非凡です。4つは人間工学の水の滴状の円形に合って耳を表してハンカチの瑪の強い尼の腕時計のマーク性の風格が現れました。超薄の自動上弦のチップ、プラチナの金950のえこひいきの小さい振り子陀、洋銀の製造する主な添え板は砂とロジウムメッキ処理を噴き出すを通じて(通って)、真珠をして少し丸くて装飾を磨き上げます。39mmの18Kバラの金あるいはプラチナは殻の厚さの7.8だけmmを表して、最も現すのがしとやかで優雅です。

ハンカチの瑪の強い尼Tonda1950ラインストーンの腕時計

定番Tonda1950と比較して、Tonda1950ラインストーンの手首は閉じ込める84粒のダイヤモンドと定番設計を説明して巧みに解け合って、優雅なアウトラインが現れました。超薄の自動上弦のチップの直径の30ミリメートル(13 ですか?アカザの尼)、厚い2.6ミリメートル。すべての歯車が加工を切断するのを行う前にすべて面取り、グルーブと両面の真珠を通って少し丸くなって処理を磨き上げた後にまた金めっきして、最後に人目を引く装飾の効果を製造しだします。チップはプラチナの金の950のえこひいきして小さい振り子陀を装備していて、連続して自動的に42時間働くことができます。