古代インドのグラムの上品な宝の“風船の上の金曜日”Poetic Complication

このフランスの真珠や宝石のブランドからの腕時計は絶対に人の目を通す忘れ難い能力をさせるのがあって、古代インドのグラムの上品な宝の自由奔放なアイデアは私達のために1組の精妙で並み外れている童話の絵巻を描き出しました。ここ数年来古代インドのグラムの上品な宝は一連アイデアの逆なのを満たして時計を跳びを出したことがあって、この創作のインスピレーションがベルヌの小説《風船の上の金曜日》の面白い腕時計から来たのは更に大きな称賛を受けます。このウブロコピー表したポインターは一大の輝点と言えて、時計の文字盤の左の上で1匹の旋回する小鳥の標示の時目盛り、分の指示は熱気球が投げるもとの船の錨でから来て、時間転々とする時に、この計略の上の熱気球多分本当に旋回する空の果て。