ポール·バーホーベンや星屑装着モンブラン腕時計デビュー第67回ベルリン国際映画祭

第67回ベルリン国際映画祭(Berlinインターナショナルフィルムフェスティバル)は2月にきゅう、く日からじゅうく日までドイツ首都ベルリン盛大に開催。ヨーロッパとして最も重要な映画のイベントの一つで、ベルリン国際映画祭とカンナ国際映画祭、ベニス国際映画祭というわけにヨーロッパ三つ国際映画祭で、同時に世界四大芸術映画祭の一つ。今回の合計24映画入選主コンペティション部門に、そのじゅうはち映画は激しく争う最優秀映画「金熊賞」。初日の開会式で、多くのスターの装着モンブラン腕時計、カフスボタン明るいデビュー。
オランダ有名な映画監督、脚本家のポール・バーホーベン(Paul Verhoeven)が映画監督作品『彼女』(Elle)でいっぱいに獲賞賛で、同作品がランクインカンナ国際映画祭のパルムドール、主演女優のイザベル・于佩尔(Isabelle Huppert)は獲得奥スカアカデミー賞主演女優賞ノミネート。今年のベルリン国際映画祭審査委員長はポール・バーホーベン就任。開会式では、ヴァンつと入れ墨が襲って経典礼服、腕の間にコーディネートモンブランスター経典シリーズカレンダー時計。同シリーズの腕時計を持ってユニークなデザインと経典のタブ規範が、落ち着いたブラック文字盤の組み合わせのアラビア数字にはっきり表示や実用的なカレンダー表示窓口、時を表している装着者の気質と品位衆人より一段優れている。