バセロン・コンスタンチンMétiers d’Art芸術の大家のシリーズThe Legend of the Chinese Zodiac中国の12生まれ年の伝奇的な酉年の腕時計

時計の文字盤の上の葉は図案を飾ってすばらしい中国の図案に源を発して、直接金の質の時計の文字盤の上で彫刻してなります。図案は半分組み込み式設計を採用して、深さの異なる浮き彫りを通じて(通って)心をこめていっしょに組み合わせて、深い深さの効果を作りだします。突然時計の文字盤の上に植物彷仏陀の浮遊状態を現します。その後大きい見える火のエナメル段階です。この古い技術は今なおきわめてただ少数の職人が精通します。採用するを通じて(通って)連続して数層のエナメルの釉を塗って、エナメルの大家は更に突然青いあるいは濃い褐色の時計の文字盤の視覚の張力を現します。エナメルの時計の文字盤が800~900℃のを通ってベーキングだ時、厳格に発生する反応をベーキングと必ず上薬の色を制御しなければならなくて、これでエナメルの大家に専門を持って能力に推定するように求めて、このような能力は使って数年やっと全く掌握することができるのが必要です。手製で彫刻してなるプラチナの金あるいはピンクの金の雄鳥の図案、精巧に時計の文字盤の中央で象眼します。